国内

小学校から消えたモノ 連絡網、ブルマー、家庭訪問、仰げば尊し

令和の学び舎はどう変わった?(イメージ)

令和の学び舎はどう変わった?(イメージ)

 コロナ禍の入学式は、校庭開催や来賓なしでの開催など、その様相を大きく変えた。ただ、それのみにとどまらず、令和の学び舎では保護者も驚く異変が次々と起きていた──。

 不審者対策のため、名札を廃止する小学校が増えている。クラスの連絡網も、住所や電話番号などの個人情報が漏れるので今は廃止され、連絡事項は一斉にメールで送られるようになった。

 体育では、10年以上前から女子のブルマーは廃止され、男子と同じハーフパンツになっている。理由は言わずもがなだ。

 子供の人権への配慮からあだ名も禁止され、男女平等の視点から、教師が生徒を呼ぶ際は男女とも「~さん」とし、名簿も男女別ではなく、男女混合になっている。

 都市部では、近隣住民への騒音への配慮と、生徒の自主性を高める目的でチャイムを廃止する学校もある。

「廃止に至らなくても『カーン』など1回だけ、始業と終業のどちらか一方だけ鳴らす学校が増えている」(千葉県の小学校教員で教員向けの著書などが多数ある城ヶ崎滋雄氏)

 子供の頃、「先生が家に来る!」とドキドキした家庭訪問も、今は玄関先で済ますのが主流だ。地方の中学校に勤めるベテラン教員はこういう。

「共働き世帯で対応できない親御さんも増えたため、家庭訪問そのものを廃止した学校もある。本来、家庭訪問は生徒の居宅の位置を把握し、緊急時にすぐ対応できるようにすることや、家の様子から親子関係をつかむことを目的としていた。親御さんも、学校の三者面談では話せないが、家では話せるということもあるので、大事な行事だと思うのですが……」

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン