芸能

藤田ニコル、おバカキャラから脱皮… 芸能界の夢「全クリ」の次は

芸能界での次なる活躍の舞台は?(時事通信フォト)

芸能界での次なる活躍の舞台は?(時事通信フォト)

 タレント・藤田ニコル(23)が当初“おバカキャラ”としてテレビ出演していたことを知る人は、もはや減ってきているのかもしれない。「にこるんビーム」を放ち、お笑い芸人からイジられていた彼女は今いずこ。いまやメディアで「若者代表」としてコメントを発信する機会も多く、コスメなどのプロデュース業も順調。むしろ現在では「若いのにしっかりしている」的なイメージを持たれている芸能人ではないだろうか。

「みちょぱ」こと池田美優、「ゆきぽよ」こと木村有希たちと共に「ギャルタレント」として括って語られることの多い藤田だが、彼女たちに比べると芸歴は長い。2009年にローティーン向けファッション誌『nicola』のモデルとしてデビュー。『Popteen』のモデルとなった高校時代以降、“おバカタレント”として地上波テレビへの出演が増えた。

 芸能界の第一線をずっと走り続けてきたからだろうか。近年の藤田は、どこか達観したような雰囲気がある。3月に登壇した映画『プリキュア』の完成披露舞台あいさつでは、「夢を全クリしてきた。お仕事面で夢を全部叶えてきてしまった」と語っていた。その後も『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、「『新しい夢は何ですか?』って言われたとき、大きな夢が言えないのが逆に今の悩み」と明かしている。

 おバカキャラ、『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系、2019年終了)でのゲテモノ食い、筋トレへのストイックな姿勢、若者代表ポジション、アパレルのプロデュース……。カラフルなギャル系ファッションから大人っぽいコーディネートへと変わっていったのに合わせるかのように、藤田のタレントとしてのキャラクターは微妙な変化を遂げている。テレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏は、藤田の巧みな「変化」を評価している。

「“若者代表”の女性タレントは、これまで短期間で次々と入れ替わってきました。そんな中、藤田ニコルの活動期間は比較的長い。バラエティ番組での立ち回りの上手さなどが理由のひとつでしょうが、おバカキャラからの脱皮など、少しずつキャラクターを変化させ様々な顔を見せてきたことも大きいのでしょう。

 最近では、『もう若い人の流行り言葉はあまり知らない』と語るなど、“若者代表”のポジションからも距離をとり始めているようにも思えます。何かを継続するためには状況に合わせて少しずつ変化しなければいけないと言われますが、彼女はそれを無理なく実践しているように見えます」(飲用てれび氏)

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン