• TOP
  • 国内
  • 「男の先生が…」 小学校「肌着禁止」問題で蘇る20代女性のトラウマ

国内

2021.04.12 16:00  NEWSポストセブン

「男の先生が…」 小学校「肌着禁止」問題で蘇る20代女性のトラウマ

体操着の下の「肌着禁止」問題で蘇るトラウマとは(イメージ)

体操着の下の「肌着禁止」問題で蘇るトラウマとは(イメージ)

 今年に入ってから、一部小学校で体操服の下の「肌着禁止」というルールが存在していることが明らかになり、保護者を中心に多くの批判の声が寄せられた。話題の発端となったのは神奈川県川崎市の小学校だが、その後、他の地域でも「肌着禁止」の小学校が複数存在することが明るみに出始めた。なかには、今回の報道をきっかけに我が子が肌着を脱がされていた事実を知った保護者もいるという。

 だが、今回のニュースに怒りや不安を感じているのは保護者だけではない。一部の女性のなかには、この報道をきっかけに小学校時代の記憶がトラウマのように蘇るという人もいる。

 2000年代に東京23区内の小学校に通っていたという女性・Aさん(20代)は、小学生時代の体育の授業を思い出したという。

「5年生の頃、クラスに体格が大きく胸の発育も他の女子生徒に比べて早かったクラスメイトがいました。彼女は、当て布付きの肌着やスポーツブラジャーを付けずに体育をしており、胸が透けたまま運動したり、走ったりしていました。

 それがきっかけで、彼女はクラスで悪口を言われるようになって、コソコソと笑われていたことを思い出します。多くの女子生徒は当て布付きの下着や、スポーツブラジャーをしていたと思いますが、下着を着ないことによるいじめが起こっていたことは、20年以上経っても強烈に覚えています。

 私の小学校で『肌着を脱げ』と言われた記憶はないですが、それでも保護者や女性の担任が、子どもの発育に最大限意識を向けるべきだと思う。学校側がブラックなルールを課すのは言語道断ですが、それ以前に、保護者の配慮や呼びかけがなによりも大事だと思います」(Aさん)

関連記事

トピックス