ライフ

鎌田實医師「人生には、ゼロ地点を見つめ直すときが必要だ」

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 人間は、何もないところから生まれ、何もないところへ還る。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、人生における「ゼロ地点」についてつづる。

 * * *
 東日本大震災の後、「だれも一人にしない」「社会から切り離さない」ことを目指して、「よりそいホットライン」が創設された。暮らしの悩み、DV、性暴力、同性愛、自殺、被災後の暮らし、日本で暮らす外国人の悩みなど、多岐の分野にわたって24時間365日、ワンストップで相談に応じている。一日2万5000件の悩みが寄せられる。

 自殺者が年間3万人を超えていた時期があるが、その後、少しずつ減少し2万件台までになった。このよりそいホットラインも貢献しているのではないかと思う。

 ぼくは、創設時からこの評価委員を続けている。最近の相談では、家族の問題が目立つと聞き、なんともつらくなった。新型コロナで「ステイ・ホーム」を余儀なくされるなか、家族が家族から逃れられなくなっているからだ。

 たとえば、自分の思いを、家族はまったく理解してくれないと絶望する。お互いに鬱憤をぶつけ合って、関係がこじれる。配偶者との間で、親子の間で、暴言、暴力、性的暴力がある。家族が家族に牙をむいているのである。

 こじれてしまった関係は、できることなら、いったんゼロにしてしまったほうがいい。しかし、そう簡単にいかないのが家族の関係だ。だからこそ、悩みは深くなる。

6000円で始まった名優の原点

 5年ほど前、BS朝日の「ザ・インタビュー トップランナーの肖像」という番組で、一番大事にしている言葉は何かと問われ、「0から0へ」と色紙に書いた。

 人間生まれてきたときには、みんなゼロだった。そして、死んでいくとき再びゼロになる。どんなに浮き沈みがあったとしても、結局、ゼロで生まれて、ゼロで死んでいく。そう考えると、ぼくは気持ちが楽になる。

 ぼくは、両親が離婚し、1歳10か月のとき、養子に出された。実の父親は再婚し、その後、事業を興して成功した。晩年は、糖尿病になり、さらに脳卒中で倒れた。人の話によると、お世話になったからと、病院に何億円もの寄付をして亡くなったという。

 どんなに財産を築いても、あの世には持っていけない。父が大きな額を寄付して社会貢献をしたのは、死を前にして、ゼロに戻ろうとしたのではないだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン