コラム

【ドル円週間見通し】米長期金利の低下ならドル売り・円買い優勢?

今週のドル円相場はどう動く?

 投資情報会社・フィスコが5月10日~5月14日のドル円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル円は底堅い値動きか。米連邦準備制度理事会(FRB)は緩和政策の長期化方針を維持しており、長期金利が低下した場合はドル売り・円買いが優勢となりそうだ。ただ、今週発表される経済指標が堅調だった場合、米国経済の正常化を期待してドル買い・円売りは継続するとみられる。イエレン米財務長官は米誌のインタビューで、バイデン政策による財政出動により政策金利引き上げの可能性に言及したが、その後発言を撤回した。リスク選好的なドルは一服したが、新型コロナウイルス向けワクチンの普及で経済指標の改善が目立つ。

 先月発表された米1-3月期国内総生産(GDP)速報値は、市場予想を上回ったほか、4月ISM製造業と非製造業景況指数は予想を下回ったものの、いずれも60台を維持している。そうした強い指標を受け、FRBによる資産買取り規模の段階的縮小(テーパリング)の見方は根強い。

 今週発表の4月消費者物価コア指数(CPI)が市場予想を下回った場合、FRBによる大規模緩和策の長期継続の思惑が広がり、金利安・ドル安に振れやすい。ただ、4月小売売上高が市場予想を上回った場合、成長持続への思惑で株高・金利高・ドル高が見込まれる。商品価格の上昇を背景に欧州や資源国の通貨が買われる場面ではドルが下押しされる可能性があるものの、米長期金利が下げ渋った場合、ドルを買い戻す動きが広がり、ドル・円は下げづらい展開となりそうだ。

【米・4月CPI】(12日発表予定)
 12日発表の米4月CPIは前年比+3.6%、コア指数は同+2.3%と、上昇率は3月実績を上回る見込みだが、市場予想を大きく下回った場合、金利安・ドル安要因に。

【米・4月小売売上高】(14日発表予定)
 14日発表の4月小売売上高は前月比+1.0%と、3月の+9.7%から伸びは鈍化する見通し。3月は大幅な増加を記録したが、4月実績が市場予想と一致すれば、株高・ドル高の要因となり得る。

・5月10日-14日週に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

○(欧)3月ユーロ圏鉱工業生産 12日(水)午後6時発表予定
・予想は、前月比+1.0%
 参考となる2月実績は前月比-1.0%。資本財、エネルギー、耐久消費財の落ち込みが目立った。3月については反動増が予想されていること、経済活動の部分的な再開などによって鉱工業生産の持ち直しが予想される。

○(米)4月CPIコア指数 12日(水)午後9時30分発表予定
・予想は、前年比+2.3%
 各種産業における原材料価格の上昇や、サービス部門における需要は増加傾向にあることから、コアインフレ率は節目の2%を超える可能性が高いとみられる。

○(米)4月小売売上高 14日(金)午後9時30分発表予定
・予想は、前月比+1.0%
 参考となる3月実績は前月比+9.7%の大幅増。新型コロナウイルス追加経済対策で実施された国民への現金給付や新型コロナウイルスのワクチン接種拡大が消費押し上げに寄与した。4月については、ワクチン接種拡大による個人消費の押し上げが引き続き期待されており、前月比プラスとなる可能性がある。

○(米)5月ミシガン大学消費者信頼感指数 14日(金)午後11時発表予定
・予想は、90.0
 前回4月実績は88.3。また、参考となる4月のコンファレンスボード消費者信頼感指数は3月実績を上回った。新型コロナウイルスのワクチン接種拡大によって消費者心理や雇用環境は改善しつつあることから、5月の数値は4月実績を上回る可能性がある。

○その他の主な経済指標の発表予定
・5月11日(火):(中)4月CPI、(独)5月ZEW景気期待指数
・5月12日(水):(英)1-3月期GDP、(英)3月鉱工業生産、(英)3月商品貿易収支
・5月13日(木):(日)3月経常収支、(米)4月生産者物価指数
・5月14日(金):(米)4月鉱工業生産

【予想レンジ】
・予想レンジ:108円00銭-110円50銭

関連キーワード

トピックス