ライフ

ホールケーキ完食強制も…毒親に育てられた東大卒マンガ家の壮絶体験

天井まで

母親は“汚部屋”に対して「思考を放棄していた」という(本人提供写真)

 息の詰まるような母娘の生活の中でハミ山氏が許されていたのは勉強だけだった。母親は「東大受かるから、受けてね」と当然のように東大進学を娘に要求し、もともと勉強のできたハミ山氏はその期待通りに努力を重ねて、合格した。

 しかし、東大進学後も束縛は続いた。

 母親はハミ山氏の携帯電話や手帳を勝手に見ることもあった。成人になっても外泊は許されず、大学の歓送迎会や飲み会にも気軽に参加できなかった。ごくたまにハミ山氏が夜8時を過ぎて帰宅すると、母親は「こんなに遅くまで出歩くなんて正気の沙汰ではない」と叱責した。

「その頃はまだ『ウチって過保護なんだな』くらいにしか思っていませんでした。今から振り返れば、私は子供の頃から母が何でもしてくれたから、自分は何もしなくてよくて楽だった。進路すら母が決めて、自分は何も考えなくていいから甘えていたんです。母は私に乗っかっていたし、私も母に乗っかっていたということで、結局のところ、私も母を利用していたのでしょう」

 そんなハミ山氏が母親との関係の歪さに気づき、新しい生活を切り開くための一歩を踏み出したのは、東大を卒業して社会人になって2年目だった。

「大きなきっかけになったのは、初任給でした。同僚は『何に使う?』と話していましたが、私は学生時代のバイトの時から働いてもらったお金はすべて母に渡し、社会人になってからは通帳も託していたので、自分の給料はいくらかすら知らなかった。それに昔からいらないものまで母に買い与えられて自分のお金で買い物をしたことがあまりなく、欲しいものがなかった。だから初任給の使い道をあれこれ話す同僚の会話が理解できませんでした。

 そのことを周囲に話すと、『それは変だ』と指摘され、“やっぱり私は何かおかしいのかな”と思うようになった。その後に友人から『家を出ないとダメだ』と諭され、『家を出るのは難しいんだ』と返すと、友人は『家を借りてしまえば良い』と言って賃貸の物件探しを付き合ってくれました。それで実際に家を借りることになったんです」

 部屋を借りてから少しずつ荷物を運び出していたハミ山氏は、ある日、置き手紙を残して実家のゴミ屋敷から“家出”した。荒療治かもしれないが、母親との関係を断ち切り、自分の心を取り戻すには、他に手段がなかったとハミ山氏は語る。

「複雑な思いを抱きながらも、親のことを好きな子供は多いと思います。実際に私も母のことを好きでしたから。でもずっと親と一緒にいると互いに依存するようになってしまう。その関係性の中で事態が良い方向に進展していくことはなく、何年も何十年も閉塞的な状態が続くはずです。だから子供の人生を親が阻害するような場合は、親に悪いなと思っても、勇気を奮って切り離さないといけない。私にとって、その第一段階は家を出ることでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン