コラム

保育園や幼稚園に通えない「無園児」とは。通わせない理由とは…

保育園や幼稚園に通えない「無園児」とは。通わせない理由とは…

無園児とは保育園・幼稚園に通っていない3歳以上の子どものことです。平成29年の調査では、日本にいる無園児の数は約14万人にものぼっているという結果が出ています。今回は、そのような"無園児"について詳しくご紹介します。

無園児になる原因はどういうもの?

まずは、子どもが無園児になる原因についてお伝えします。なぜ、日本では無園児が14万人もいるのでしょうか?どのような理由が潜んでいるのか、確認してみましょう。

通わせたいけれど、施設に空きがない

保育園や幼稚園に通わせたいけれど定員がいっぱいで空きがなく、無園児になってしまうということも少なくありません。自分の教育方針に沿うような施設に空きがない場合には、あえて違う保育園・幼稚園に通わせずに独自で教育していくという親もいます。また、自身の時間に余裕がある場合には、保育施設に通わせず、家で面倒を見るという方も多い傾向にあります。

保育園や幼稚園に入れるためのお金に余裕がない

無園児になる理由として、とても多いのが金銭的な問題です。幼稚園は無償化になりましたが給食代や教材費、その他諸経費を支払うことが出来ずに無園児になってしまうことも多いのです。特に母子家庭や外国籍の家庭、低所得の家庭などは無園児になる傾向にあります。中でも子どもを家に残して仕事に出かける親もおり、子どもが事件や事故に巻き込まれ、問題が生じてしまうケースもめずらしくありません。

子どもの発達に問題がある

発達障害や身体などにハンディキャップがある子どもの場合には、特別な配慮が必要になります。障害児保育を行なっていない保育園や幼稚園も多く、発達上に問題がある子どもを受け入れてくれる保育施設は、全国的にとても少ないのが現状です。また親からしても専門の保育施設ではないと「子どもに何かあったらどうしよう」と不安に思い、結局幼稚園・保育園に通わせず無園児にしてしまうこともあります。

虐待が隠れている可能性も

無園児の中には虐待が隠れている場合もあります。親としての責任を放棄し、無園児という選択をしている家庭も中にはあるのです。無園児は他者との関わりが少なく、暴力やネグレクトがあっても表面化しづらいのが現状です。

無園児になると、どのような影響がある?

ここからは、子どもが無園児になることで起こり得る影響についてご紹介します。実は無園児になることで将来社会から置き去りになってしまうこともあるため、注意が必要です。

協調性がなくなる可能性がある

協調性が育まれるのは幼少期と言われるほど、この時期に人と触れ合ったり、集団行動をしたりすることはとても大切です。保育園や幼稚園に行かず家にずっといる生活をしていると、小学生に上がっても友達と上手に遊べなかったり、意思疎通が取れなかったりすることがあり得ます。人がどんなことをすると嫌がるのかが分かりにくいので、自分勝手な行動をとってしまい、嫌われることもあるでしょう。

小学生に上がった時に仲間の輪に入れない

基本的に子どもは近隣地域の保育園や幼稚園に通わせることが一般的です。そのため小学生に上がった時に、幼稚園で出来上がっている友達の輪に入り辛くなるかもしれません。それは子どもだけではなく、親もママ友の輪などに入りにくくなる傾向にあります。また保育園・幼稚園に通わせていない=変わり者だと思われることもあり、人の誤解を解くまでに苦労する可能性も否めません。

対人関係などにおけるマナーが学べない

保育園や幼稚園に通うことによって、挨拶などのマナーを多く学びます。しかし無園児は親が根気強く教えたとしても、挨拶をする友達や先生がいないと実践することができません。家族には挨拶が出来ても、見知らぬ人に出会った時に挨拶ができず、小学校に上がっても人と上手コミュニケーションが取れずに苦労することもあるでしょう。世間からすると常識がない子どもに見えてしまう可能性もあり、マナーを教え込むのに時間がかかってしまうかもしれません。

子どもを無園児にする際に対策したいこと

さまざまな事情で無園児を選択する保護者の方もいるかと思います。もし子どもを無園児にさせると決めた場合には、どのようなことに気をつけたらよいか以下にお話しします。

毎日の生活時間に区切りをつける

無園児になると時間の感覚があまり身に付きません。そのため時間を決めずに何となく生活するのではなく"9時から10時は遊ぶ時間""12時に昼食""13時から勉強"などと時間を決めて生活してあげてください。また必ず10分や20分程度、休み時間を入れてあげることも大切です。幼児は時計を見て行動するのは難しいと思いますが、体で時間の感覚を覚えてもらいましょう。

近所の友達を積極的に作ることが大切

保育園や幼稚園に通う最大のメリットは、人とコミュニケーションを取れるようになることです。集団生活を送ることで人との距離感や接し方を知り、小学校にあがっても上手に人とコミュニケーションをとることができるようになります。保育施設に通わないとなかなか子ども同士で遊ばせる機会は減ってしまいますが、近所の子どもや友達の子ども、親戚の子どもとも遊ばせるようにし協調性を学ばせるようにしてくださいね。

家や外で挨拶させることを心がける

挨拶は人と生活していく上でとても大切なことです。挨拶できない子どもは大人になっても上手に人と関わり合うことが出来ず、社会から置き去りにされてしまうこともあり得ます。例えば「おはようございます」「ありがとうございます」「ごめんなさい」など基本的な挨拶は徹底させ、小学校にあがった際にきちんと人とコミュニケーションをとれるようにさせましょう。

おわりに

無園児は深刻な社会問題になっています。無園児になると一番大事な時期に協調性を育む事が難しく、将来人とコミュニケーションをとる際に苦労してしまう場合もあるでしょう。また無園児は社会から置き去りにされてしまうことも多いため、可能ならば保育園や幼稚園に通わせることをおすすめします。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス