ビジネス

新築マンションは「狭小」から「広大」トレンドへ 特殊な好況感の先行き懸念も

テレワークの普及でマンションに広さと部屋数を求める人が増えている。

テレワークの普及でマンションに広さと部屋数を求める人が増えている。

 コロナ禍のテレワーク普及により、新築マンション市場のトレンドが変わりつつある。これまでは価格も手頃な“狭小マンション”が多く販売されてきたが、コロナ後は「広さと部屋数」を増やした“広大マンション”があちこちに建設されている。果たしてどこまで需要があるのだろうか。住宅ジャーナリストの榊淳司氏がレポートする。

 * * *
 新築マンション市場に新たなトレンドが生まれている。コロナ禍によって商品企画の傾向に変化が生じたのだ。「広さと部屋数」を増やすという流れが顕著に表れ始めたのだ。

 コロナ禍によって度々発出された緊急事態宣言は、人々の働き方に微妙な変化をもたらした。「自宅でできる仕事はなるべく自宅で」というテレワークが一気に普及したのだ。これによって、多くの人々にとって自宅は「寝に帰る場所」というより「仕事場」になってしまった。

 場合によっては、一日の内のほとんどを自宅で過ごさなければならない。そうなると、今まで気づかなかったことにも気づかされる。

 例えば、仕事をする場所がない。リビングのダイニングテーブルを一日中使うわけにもいかない。リビングには他の家族がいる場合も多く、リモートでの打ち合わせや会議には向かない。また単身者でもワンルームマンションのような狭い空間に一日中閉じこもっていると、かなりの閉塞感に見舞われる。

 そんな人々にとって、根本的な解決策は引っ越しであった。新しく探す住まいは、今よりも「もう一部屋」、そして「もっと広く」というニーズを満たす条件でなければならない。

マンション内に仕事部屋を設けられる人はまだ恵まれている。

マンション内に仕事部屋を設けられる人はまだ恵まれている。

関連記事

トピックス