• TOP
  • 芸能
  • 深田恭子「8日前の休養報告」熊本復興支援は「どうしても行く」と参加

芸能

2021.05.30 16:00  週刊ポスト

深田恭子「8日前の休養報告」熊本復興支援は「どうしても行く」と参加

深田恭子は休養直前まで精力的に仕事をこなしていた(時事通信フォト)

深田恭子は休養直前まで精力的に仕事をこなしていた(時事通信フォト)

 女優・深田恭子(38)が「適応障害」のため芸能活動を休止し、出演予定だった主演ドラマを降板することが5月26日、所属事務所から発表された。

「CMや映画にも引っ張りだこ。事務所サイドは、深田さんの体調を見極めながら、関係各所と協議を重ねてきました。

 10月には主演映画『ルパンの娘』の公開が控えており、その撮影はすでに終わっていますが、もう1つ来年公開の主演映画が準備されていた。日本アカデミー賞を受賞した実力派監督と組んだサスペンス映画で、深田さんは新境地を開拓できると意気込んでいましたが、体調が上向かず、撮影に耐えられないと5月18日に関係者向けに撮影が延期されることが通知されました」(芸能関係者)

 つまり8日前には内々に「休養報告」がなされていたというわけだ。

 しかし、深田はその後も24日には熊本復興支援の午後の紅茶「熊本県産いちごティー」のイベントに参加。いちごをイメージした真っ赤なドレスで元気に振る舞っていた。

「おっとりしたように見えて仕事への責任感が強い。スタイルを維持するために食生活に気を配り、現場では笑顔を絶やさず弱音を吐かない。イベントは被災地である熊本の復興支援だったため、『それだけはどうしても行く』ということだったそうです。今も復帰に向けて意欲を見せていると聞いています」(同前)

 芸能界入りしてから25年、走り続けたフカキョンだけに、しばらくはゆっくり休んでもらいたい。

※週刊ポスト2021年6月11日号

 

関連記事

トピックス