コラム

いじめ防止…小学生のあだ名禁止はやりすぎ?

いじめ防止…小学生のあだ名禁止はやりすぎ?

あだ名を禁止し、男女問わず「さん」付けで呼ぶ小学校が増えています。その背景には、学校がいじめの防止に責任を持つよう、法律で定められていることが影響しているとみられています。ただし、小学生のあだ名禁止について、大人からかならずしも賛同を得ているとはいえない状況です。今回は小学生のあだ名禁止をめぐる問題について、ご紹介します。

小学生のあだ名を禁止する学校が増えている

近年、あだ名ではなく「〇〇さん」と呼び合うように指導をしている学校が増えているようです。実際、筆者の子どもも学校ではあだ名ではなく、男女ともに「〇〇さん」と呼ぶように指導されています。

友だちの呼び方について、学校で指導をするようになったのは、子どもを取り巻く環境が影響しているようです。具体的にどのような背景があるのか見てみましょう。

「いじめ」の定義と小学生のあだ名との関係

学校がこうした指導をするようになったのは、2013年にできた「いじめ防止対策推進法」や、2017年に文部科学省から発表された「いじめの防止等のための基本的な方針」と「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」(以下「文科省によるガイドライン」)が影響しています。

いじめ防止対策推進法や文科省によるガイドラインでは、「いじめ」の定義を「心身の苦痛を感じているもの」とし、具体的ないじめの態様のひとつとして「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」ことを挙げています。また、この法律やガイドラインでは学校に対し、いじめの早期発見・組織的な防止と対策・いじめが発生した場合のすみやかな対処を求めています。

いじめが深刻化した例で「嫌なあだ名で呼ばれた」という事例がしばしば挙げられていることから、多くの学校があだ名を禁止することでいじめの防止や早期発見につなげようとしているのです。

男女とも「さん付け」にはLGBTへの配慮も

小学校ではあだ名を禁止するとともに、男女問わず「さん」付けで名前を呼ぶよう指導しています。これはLGBT(性的マイノリティの総称)に配慮した取り組みによるものです。2010年文科省は「児童生徒が抱える問題に対しての教育相談の徹底について」の通知を教育現場に出し、性同一性障害のある児童生徒に対してきめ細やかな対応と配慮を行うよう求めています。

2019年、LGBT総合研究所20~69歳の40万人超を対象に行ったアンケートによると、LGBTに該当する人は約10%いることがわかりました。未成年のLGBTに関する統計はありませんが、LGBTを自覚した時期として第二次性徴が始まったり恋愛感情が芽生えたりするころを挙げる人が多く、小学生高学年には数%程度いると推察されます。小学生のうちから性の多様性に配慮することは、けっして早すぎる話ではありません。

小学生のあだ名禁止に大人は困惑気味

いじめ防止のために取り入れられた「あだ名禁止」ですが、日本トレンドリサーチが2000年11月、男女1,400名にインターネットで行った「あだ名に関するアンケート」において、「あだ名禁止」に「賛成」18.5%、「反対」27.4%、「どちらでもない」54.1%という結果が出ました。

アンケート結果を見ながら、大人が小学校の「あだ名禁止」についてどのように考えているか見てみましょう。

あだ名の是非は呼ばれる側の気持ちがカギ

「小学生の頃についていたあだ名について、今どのように考えているか」という質問に対して、「良いことだと思う」「どちらかといえば良いことだと思う」と答えた人は、78.6%にのぼりました。その理由について「あだ名のおかげで親しみが感じられ、友人との距離が近くなる」といった、人間関係面でのメリットを挙げる意見が多く寄せられています。

一方、「悪いことだと思う」「どちらかといえば悪いことだと思う」と答えた人は、「自分では納得できないあだ名だから」「良いあだ名かどうかは言われている本人にしか分からない」といった理由を挙げています。あだ名のデメリットは「呼ばれる側を傷つけることがある」ということに尽きます。

あだ名が「良いもの」となるかどうかは呼ばれる側の気持ちによるところが大きく、「良くない」思いをする人に対する配慮は必要です。このアンケートで「小学生の頃についたあだ名について、嫌な思いをしたことがある」と答えた人が36.7%いました。数字の多少よりも、嫌な経験をした人が一定数いるという事実を見逃すことはできません。

あだ名禁止は大人の考えの押しつけになる?

学校における「あだ名の禁止」について「賛成」と回答した人の理由を見ると、「あだ名には良し悪しがあるので『〇〇さん』と呼んだ方が、問題が起こらない」「トラブルの元を断っておくことは重要」といった意見が挙がっています。一方「反対」の理由としては、「『変なあだ名禁止』というのはわかるが、あだ名自体を否定するのは交流の妨げになる」「大人の考えの一方通行」といった意見がありました。また「どちらでもない」と答えた人は「あだ名禁止にすることに違和感はあるが、そうなる背景は理解できるのでどちらともいえない」と回答理由を挙げていました。

あだ名を禁止することについて、「趣旨は理解できるが『あだ名は悪いもの』という考えを子どもに押し付けるのではないか」と危惧している人が多いようです。

小学生のあだ名問題の本質は人間関係

いじめの防止として学校があだ名を禁止することに対し、理解はできるものの違和感を覚えている保護者の方が多いのではないでしょうか。先生の間にも「あだ名禁止はいじめの本質的な解決にはならない」と考える人が少なくありません。

なぜならあだ名で呼ばれることが問題なのではなく、あだ名を呼ぶ側とよばれる側の関係が問題だからです。呼ぶ側がそう呼ばれたいと望むあだ名なら、いじめに発展することはありません。

自分でニックネームを決めるネットの世界

「呼ばれたいと望むあだ名」のヒントになりそうなのが、SNSやオンラインゲームなどネットの世界で使われるニックネームです。ネットで他人とコミュニケーションを取る際、本名を名乗る人はほとんどいません。自分で決めたニックネームを登録し、お互いにニックネームで呼び合います。

ここで重要なのはニックネームが「自分で決めた名前である」ということです。本名以外に、自分がこう呼ばれたいと願う名前で呼ばれることは、人間関係を円滑にします。あだ名のメリットと同じです。学校でも、自分で決めたニックネームをみんなに呼んでもらうようにすれば、あだ名がいじめにつながらず、そのメリットをうまく取り入れることができるかもしれません。

大切なのは嫌なあだ名をイヤと言えること

あだ名をめぐる問題で大切なのは、あだ名を呼ばれる子どもが「その名で呼ばれてうれしいのか、嫌なのか」を、クラスの中で表明できることです。嫌なことを嫌と言える環境であるためには「人が嫌がることをしない」というルールが守られていなければなりません。本当は「あだ名を禁止します」と子どもたちに言うのではなく、なぜあだ名を禁止しなければならないか考えさせる必要があるのではないでしょうか。「あだ名がなぜいじめにつながるのか」といった問題を子ども自身が考えなければ、あだ名を禁止にしてもいじめはなくなりません。

おわりに

あだ名は良い人間関係を築くメリットがある反面、呼ばれる人を傷つけることもあります。あだ名を禁止するのではなく、呼ばれる側が「そのあだ名はイヤ」と意思表示できることが理想です。意思表示できるような学級づくりに腐心するよりも、最初からあだ名を禁止してトラブルを防止するほうが合理的なのかもしれません。

あだ名禁止の是非は正解がありませんが、機会があればご家庭でお子さんとあだ名禁止について話し合ってみてはいかがでしょうか。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス