コラム

成績が上がらないけど転塾すべき?塾を変えるときの注意点

成績が上がらないけど転塾すべき?塾を変えるときの注意点

子どもが塾通いを始めると成績アップの期待が高まりますよね。しかし、中には塾に通っているにも関わらず、成績が思うようには上がらずに、転塾を検討することもあるかと思います。ここでは、転塾の際の注意点や転塾先の塾の探し方をご紹介していきます。目標とする志望校への合格を目指して、親子で相性ぴったりの塾を探していきましょう。

転塾を決める前に現在の状況を分析する

「成績が上がらないから、塾を変える!」とすぐに決めないで、冷静にどうして成績が上がらないのかを考えてみましょう。もしかすると、転塾しなくても良いかもしれませんし、逆に転塾をする決め手がわかるかもしれません。

成績が上がらないのは、本当に塾のせい?

塾に通い始めてからどのくらい期間が経っているでしょうか。1カ月や2カ月では成績が劇的に変わることはありません。定期的にある塾内模試などの結果を数回分照らし合わせてみてから転塾を検討してみてもいいかもしれません。また、塾が出している宿題の進捗状況は把握していますか?子どもが宿題を一切していないのに、成績が上がることはないでしょう。子どもだけで宿題をすることが難しい場合は、声がけだけでなく、宿題の管理も手伝ってあげるといいかもしれませんね。また、宿題が多すぎると感じる場合は、子どもの状況に応じて、塾と相談しながら取捨選択をするのも良いでしょう。

子どもとの相性や目標に見合った塾?

集団塾の場合は、子どもが授業についていけているかどうかが重要です。ちんぷんかんぷんな状態で授業を受けても、成績アップにはつながりません。先生に相談しても、フォローがない場合は子どもと塾の相性が悪いのかも。また、目標としている志望校と塾の相性もあります。中堅校を狙っているのに、難関校を得意とする塾に通うとオーバーワークになってしまいますし、逆であっても問題です。もし、難関校を目指している子どもが塾の授業が理解できない場合は、転塾ではなく追加で個別指導塾や家庭教師を検討してみるのもいいかもしれません。

転塾をするならどのタイミング?

転塾の意思を伝えても状況が改善されない、塾との相性が悪すぎる、不信感が拭えないなどの場合は早急に転塾に向けて動きます。まずはチラシやインターネットで情報収集をして、ベストなタイミングで転塾をしましょう。

無料体験期間を利用して、雰囲気を確かめる

大手の集団塾や個別学習塾は、冬休みや春休み、または無料の模試の後など、無料体験期間を設けていることが多いので、これを利用しましょう。実際の授業の雰囲気を無料で試すことが出来るので、転塾の絶好の機会となります。できるだけたくさんの塾を体験し、比べてみることをおすすめします。また、無料体験の後には塾長や担当講師との面談があります。正直に現在の状況を話して、きちんと話が通じるか、受け答えがしっかりとしているか、親身になってくれるかなどもチェックしましょう。

受験生になってから転塾は避けるのがベター

転塾を考え始めたのが受験生になってからの場合は、できるだけ転塾を避けた方が良いとされています。その理由は、転塾先の塾が必ずしも子どもにとって良いとは限らず、また、直前すぎてそもそも入塾自体を断られてしまうことがあるためです。もし、受験まで1年をきっているにも関わらず転塾せざるを得ない場合は、転塾先の塾と早急に連携をとり、子どもの負担にならないように受験対策を実施する必要があります。そのため、受験まで時間がない状態ならば、集団塾よりはある程度自由のきく個別指導塾の方が転塾しやすいかもしれませんね。

転塾先決定のポイントはどこ?

転塾することを決めて、授業の無料体験や見学、面談を経たあとは、いよいよどの塾に入塾するかを決定します。子供の意見はもちろん、塾決定には親と塾の相性も大切です。時間がなくて焦ってしまうかもしれませんが、受験までお世話になる塾ですので、慎重に検討しましょう。

子どもが楽しく勉強に取り組めたか

集団塾への入塾の際に子ども本人に確認しておいてほしいのは、授業の分かりやすさ、宿題の量、クラスの雰囲気、先生への質問のしやすさ、自習室利用のしやすさなど、実際に通ったらどうか、という点です。幸い初めての塾ではなく、現在通っている塾と対比することが出来ますし、塾がどういった場所かということも分かっているので、想像が付きやすいかと思います。気になっている塾に無料体験がない場合でも、本人に見学をさせるなど、実際に通うことになる子どもの意見を尊重して転塾先を決めてあげることは重要なことです。

親と塾(塾長)との相性も大切です!

子どもとは違う観点で、親もしっかりと塾を見極めます。親がチェックするのは、費用面、宿題の量、集団塾の場合は習い事の曜日との兼ね合いなど、受験まで子どもをその塾にお願いしても大丈夫か、親がしっかりとサポートできるかということです。そして、面談の際に気にかけておきたいのが、塾長との相性です。受験までの数年、すべて順調に進めることができるとは限りません。問題が起きた時に、きちんと対応してくれる塾長先生がいると心強いですよね。

おわりに

塾は受験生である子どもだけでなく、親にとっても受験の指針となる存在です。「この塾が良い」と口コミでは評判の塾でも、相性が合わない場合もあります。他人の意見に惑わされず、自分たちで実際に塾を見に行って、最も相性の良い塾がどこかを考えることが、塾選びには大切です。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

トピックス