コラム

スポーツ保育園で開花?子どもの運動神経は環境しだい?!

スポーツ保育園で開花?子どもの運動神経は環境しだい?!

幼稚園や保育園選びをしていると、さまざまな特色を持った園がたくさんあることに気が付くと思います。小学校お受験に特化している園、宗教で心を育んでくれる園、自然の中でのびのびと育ててくれる園など、ここには書ききれないくらいです。
今回は、その中でも「スポーツ保育園」についてまとめてみました。子どもの気になる運動神経は、スポーツ保育園で開花するのでしょうか?

スポーツ保育園の気になるカリキュラム

そもそも、スポーツ保育園はどのような雰囲気で1日を過ごしているのでしょうか。厳しいイメージもあるスポーツ保育園。自分の子どもが指導についていけるのか、とても不安ですよね。スポーツ保育園の現状を調べてみました。

何種類ものスポーツが体験できる!

保育園や幼稚園でのスポーツといえば、体操のイメージが強いかと思います。跳び箱やマット運動、縄跳びなど、もちろん小学校に進学しても役に立つ運動ばかりです。しかしスポーツ保育園では、体操だけでなくサッカーやテニス、水泳、野球、バスケットボールなど、さまざまなスポーツを体験できます。もちろんスポーツ保育園それぞれで違いはありますが、何種目ものスポーツをカリキュラムに取り入れているというのは大きな特徴です。習い事では週に1、2回しかできないスポーツを、保育園であれば日常的に取り入れていますので、子どもの運動能力の発達に役立つのは言うまでもありません。

運動能力以外の成長も期待できる

スポーツばかりして運動神経だけが発達してしまうのでは?と思われるかもしれません。しかし、さまざまなスポーツを通して身に付くのは、運動能力だけではありません。チームワークや上手になろうとする気持ち、負けてもそれを受け入れる心なども培われます。それらは「非認知能力」といい、協調性や忍耐力、自制心など、人間を構成する上で大切な能力です。またこの「非認知能力」は、幼児期に土台が作られるとも言われていますので、スポーツ保育園ではそんな大切な能力を適切な時期に伸ばすことができるというメリットもあります。

スポーツ保育園で運動神経が良くなる?

もちろん子どもの運動神経の成長も気になりますよね。スポーツ保育園では毎日スポーツをするわけですから、もちろん運動能力の向上は期待してしまいます。そもそも、運動神経はどうやって良くなるのでしょうか?

万全の準備で「ゴールデンエイジ」を迎える

運動神経の成長で押さえておきたいワードが「ゴールデンエイジ」です。ゴールデンエイジは、9歳から12歳頃の期間です。
この時期に神経系の発達がほぼ完成すると言われています。この期間、子どもは見た運動をそのまま習得し、習得した動きは大人になっても身についている「即座の習得」ができると考えられています。
そして、その「即座の習得」のためには3歳から8歳頃の「プレゴールデンエイジ」の期間にさまざまな運動体験をしておくことが重要です。
特に5歳頃には運動神経が大人の80%まで完成すると言われ、この時期にさまざまなスポーツが体験できるスポーツ保育園は、運動神経の発達に大いに役立つでしょう。

子どもにぴったりのスポーツが見つかるかも

スポーツ保育園では、上に書いたようにさまざまなスポーツを体験することが出来ます。実は、世界で活躍するトップアスリートたちも幼少期には複数のスポーツを習っていたようです。テニスプレイヤーの杉山愛さんのお母さんが書いた論文の中で、宮里藍さん、錦織圭さん、石川遼さんの親御さんにインタビューをしています。
その中で、子どものころのスポーツ体験として、宮里藍さんはゴルフの他に野球やバスケットボール。
錦織圭さんはテニスの他に水泳、サッカー、野球。石川遼さんもゴルフの他に水泳、サッカーをしていたと答えています。
また、論文の筆者の娘である杉山愛さんも水泳、バレエ、フィギュアスケート、体操を習っていたそうです。
スポーツ保育園でさまざまなスポーツに触れる中で、子どもが世界を目指したくなるような種目が見つかるかもしれませんね。

どんなスポーツ保育園があるの?

では、そんな魅力がいっぱいのスポーツ保育園には、どのような園があるのでしょうか。もちろん、日本全国にさまざまな特色をもったスポーツ保育園があります。ここでは関東と関西からそれぞれ1つずつ、スポーツ保育園をご紹介します。

東京都・港区「biima school」

総合スポーツ保育園「biima school (ビーマスクール)」は、2020年9月に開園したばかりの新しい保育園です。早稲田大学の教授陣が監修した、21世紀型総合キッズスポーツスクール「biima sports」のプログラムを導入した保育園で、さまざまなスポーツをカリキュラムに取り入れています。また、保育園でありながら、託児という言葉を飛び越えて、幼児教育にも力を入れており、「非認知能力」だけでなく、「認知能力」や「クリエイティブ能力」の3つの能力を高めるために21世紀型教育を導入しています。さらに、国産・無農薬・無添加の手作り給食を提供してくれるのも、親としてうれしいポイントです。

▶biima school

兵庫県・明石市「ピュアスポーツ保育園」

「ピュアスポーツ保育園」は、明石公園や港の近くにある企業主導型の認可外保育園です。複数のスポーツを楽しみながら遊び、運動神経や社会性を育みます。月極め保育の他、一時保育や一日保育もあります。運営している株式会社PURE BALANCEは、トレーナーの派遣やトレーニングジムの運営をしている会社です。そのため、保育園でのスポーツ遊びでも、さまざまな用具を使って楽しそうに運動している子どもたちの様子がブログで見られます。

▶ピュアスポーツ保育園

おわりに

子どもの運動神経の発達に期待ができる、スポーツ保育園。ビシバシとスパルタ教育をしているわけでなく、楽しくスポーツを取り入れた園が多いようです。さまざまなスポーツに努力をすることで、できなかったことができるようになったり、お友だちや先生に認めてもらえたりと、自己肯定力も育むことができます。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス