• TOP
  • ビジネス
  • コロナを機にタクシー会社が図る若返り ベテランドライバーたちの心中は

ビジネス

2021.06.28 16:00  NEWSポストセブン

コロナを機にタクシー会社が図る若返り ベテランドライバーたちの心中は

新型コロナウイルス感染拡大の影響で閑散とした歓楽街で行列を作る客待ちのタクシー(イメージ、時事通信フォト)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で閑散とした歓楽街で行列を作る客待ちのタクシー(イメージ、時事通信フォト)

 緊急事態宣言が解除され、繁華街にも若干だが賑わいが戻りつつある。東京・銀座が拠点だという都内のタクシー会社勤務・森下信一さん(仮名・50代)は多少の安堵を見せつつも、コロナ禍の終わりと同時に「仕事を失うのではないか」という危機感を胸に秘めていると明かす。

「コロナで数百人のドライバーが会社を辞めました。勤務しても客がいないから歩合給がつかず、生活できないんです。中小規模のタクシー会社さんはつぶれてしまったところもあるし、比較してみると我々はまだマシかな、とも思えたのですが」(森下さん)コロナ禍によってタクシー業界は大ダメージを受け、森下さんの手取りも月によっては、コロナ禍前の半分以下に落ち込んだ。人員の圧縮や経営縮小を迫られた事業者も多く、同僚たちが会社を後にしていくのを眺めながらも「仕方がない」と諦めていた。ところが、昨年の秋頃、会社が求人を出していることに気がついたのである。

「客足が戻る気配もないしなぜ、と思っていたのですが、求人広告には寮完備でタクシードライバーに必要な二種免許取得も費用は会社負担、入社祝い金が20万円も出る、と書いてあったのです」(森下さん)

 そこには「月収50万円以上も可能」と書いてあったが、これについてはあくまでも「可能」なのであり、コロナ禍ではありえない想定だったと笑うが、求人広告の過剰な表現はいつものこと。気になったのは、求人広告に掲載されていた写真が若い男女だったことだ。中高年のベテランドライバーは辞めざるをえないのに、若い社員は積極的に採用する、という会社の方針を感じ取ったという。

「大手さんでも新卒でドライバーを取っているし、お客さんだってジジイの運転手よりヤングがよいでしょうけど、あからさまに年寄りを追い出すのかと思いましてね。すぐ、うちの会社にも若いのが何人も入ってきて、ベテランの勤務機会が減る、なんてこともありました」(森下さん)

関連記事

トピックス