ライフ

サウナ後の水風呂で「整う」 高齢者は血圧が急上昇し脳卒中の危険性も

aa

長風呂にょる熱中症リスクに要注意(写真はイメージ)

 2018年、千葉大学の研究チームが約1万4000人の高齢者を対象に「浴槽につかって入浴する頻度」と「その後の新規要介護認定」との関係を調べ、発表した。その結果、週に7回以上入浴する高齢者は、週に0~2回しか入浴しない人と比較して、夏と冬のいずれでも、約3割も要介護認定のリスクが減少したというのだ。

 つまり、冷房で体が冷えやすい夏も、シャワーのみで済ませず、しっかり湯船につかって温まった方がいいということになる。

 しかし、高温になる夏の浴室は、熱中症のリスクがぐっと高まる。

『おうち時間を快適に過ごす 入浴は究極の疲労回復術』(山と溪谷社)の著書がある、東京都市大学教授で温泉療法専門医の早坂信哉さんが指摘する。

「一般的に熱中症とは、体温が40℃を超えた状態を指し、熱中症になると意識障害を起こす危険が増します。42℃のお湯に25分程度入ると体温は40℃に達します。意識障害を起こしたまま湯船につかり続け、体温が42.5℃を超えると心肺停止を起こすこともある。夏の長風呂は非常に危険です」

 湯船につからずとも、シャワーだけでもリスクがある。

「そもそも夏は浴室の温度が高くなりやすいため、シャワーの湯気が立ちこめれば、同じように熱中症のリスクが上がります」(早坂さん・以下同)

 さらに、入浴の時間帯にも注意が必要だ。

 朝風呂は脱水状態になりやすく、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる重篤な病気を起こしやすい。

「冬よりも寝汗をかきやすい夏は、朝の脱水に特に注意が必要です。脱水状態を起こすと、血管が詰まりやすくなります。

 また、午前中は人間の体が副交感神経優位のリラックス状態から、交感神経優位の仕事モードに切り替わる時間帯。もともと血圧が大きく変動する頃合いなので、わざわざお風呂に入って血圧を上下させるのは危ないといえる」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン