ライフ

胆石、腰痛手術、歯列矯正、がんの自費診療…不要を疑うべき治療リスト

(写真/GettyImages)

手術も長期入院も必要なし!?(写真/GettyImages)

【NEWSポストセブンプレミアム記事】

 病院に行って治療を受けても、よくなるはずの体調が変わらないどころか、かえってひどくなる──そんな“不都合な真実”が確かに存在する。専門家たちが語る、受けても意味がない無駄な治療。知らず知らずのうちに、あなたもきっと受けているはず。病院の予約を入れる前に、じっくりお読みください!

 コロナ禍で私たちの生活は一変したが、それは決して悪い変化ばかりではない。神奈川県在住の主婦、大澤加奈子さん(57才・仮名)は体調がよくなったことを実感している。

「これまで、少し血圧が上がった程度でも不安になってすぐに病院に駆け込んでいました。でも、昨年春からは『コロナをもらってしまうんじゃないか』と思ってパッタリと通院をやめた。体調が悪化するかと心配したけれど、普段から病院に行かなくて済むよう生活習慣に気をつけていたら、むしろよくなっていて。つまり、これまで気軽に受けてきた治療は無駄だったということなんでしょうか……」

 皮肉なことに感染症流行による「受診控え」が、これまでの治療を見つめ直すきっかけになりつつあるのだ。これは日本に限った話ではない。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが解説する。

「アメリカでは、これまで過剰だと指摘され続けてきた精神疾患の薬の処方量が減ったことが報告されているほか、定期的な通院はオンライン診療で充分だとの声も出ている。“無駄な医療”を省く転換期になっているという声も少なくありません」

 実際、医師の9割が「不必要な治療」を実感したという調査もある。コロナ禍のいまこそ、自分の受けている治療を見直す好機なのかもしれない。

無症状の胆石は手術をしない

 病院経営者や外科医は手術をしたがる傾向があると指摘するのは血液内科医の中村幸嗣さんだ。

「手術は診療報酬の点数が高く、病院経営者にとって利益になりやすい。また、外科医はその後の患者の生活や揺れる気持ちより“病気そのものの改善”により強い興味を持ちやすく、自己の手術経験も積めることから手術をしたがる傾向にある。

 実際、私が診てきたなかでも高齢者のある種の早期がんや弁膜症など、手術に適しているかどうか総合的にみて、判断が難しいケースであっても積極的に手術することをすすめていることがありました」

 特に貧血気味であったり高齢患者の場合、手術後の回復がうまくいかなくなる可能性もある。医師がすすめる「手術」という選択肢が常に正解だとは限らないようだ。

 国民皆保険制度の日本とは違い、無駄な医療を排除しようという意識が高い米国は、さらに進んでいる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン