国内

小室圭さんと眞子さま、もし破談なら…「慰謝料7億円」相当の前例も

皇室の歴史上、破談で多額の金銭が動いた例も…(時事通信フォト)

皇室の歴史上、破談で多額の金銭が動いた例も…(時事通信フォト)

 宮内庁は、小室圭氏と眞子内親王の結婚問題についての苦情に頭を悩ませている。

「現在も宮内庁の代表番号やホームページには、国民から数多くのご意見が寄せられています。“小室さんは眞子さまのお相手にふさわしくない”“眞子さまは結婚時に支払われる一時金を辞退すべきだ”という批判的な内容のものが多い。4月8日に小室さんが長文の説明文書を発表してから、さらに苦情が激しくなりました」(宮内庁関係者)

 それでも宮内庁に寄せられる意見は“ごく一部”だと考えるべきだろう。各メディアが小室母子に関するネットニュースを連日報じているが、そのコメント欄はいずれも辛辣なものばかり。

〈もう早急に破談にしてほしい〉
〈秋篠宮家がきっちり精査し関係を断ち切る決断をするのみです〉

 と、縁談の解消を望む声で溢れているのだ。

 秋篠宮皇嗣はこれまで誕生日会見で、「喜んでくれる状況」という言葉を繰り返してきた。

〈多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況にならなければ(省略)私たちは納采の儀というのを行うことはできません〉(2018年)
〈決して多くの人々が納得し喜んでくれている状況ではない〉(2020年)

 しかし、説明文書の発表や、その後の元婚約者への解決金支払いの意志表明など、小室氏の一連の行動は、皮肉なことにむしろ、国民の反発を招き、秋篠宮皇嗣の希望とは真逆の方向に進んでしまった。

「皇嗣殿下は誕生日会見で、憲法の“婚姻は両性の合意のみに基づいて成立”という文言を引用され、結婚をお認めになられました。それでも“国民が納得し喜んでくれる状況”を求めたことは、親として手放しで歓迎できない苦しい胸の内を示されているのだと思います」(前出・宮内庁関係者)

 秋篠宮皇嗣の複雑な思いは、周囲にも強く伝わっている。しかし、それでも宮内庁関係者の多くは「何とか穏便に結婚していただきたい」と望んでいるという。

関連記事

トピックス