ライフ

ヒップに魅せられた画家・三嶋哲也 なぜそこまで取り憑かれたのか

油彩画家の三嶋哲也氏はお尻の作品も多い

油彩画家の三嶋哲也氏はお尻の作品も多い

 古代の彫像、中世の油絵、近現代の写真……。「尻」は人類の美術にとって永遠のモチーフである。現代日本において、尻を作品に昇華することに取り憑かれたアーティストたちがいる。

「人間の体の中で、最も大きな肉の塊がお尻です。腰からお尻へのくびれ、太ももへと至るラインは女性の健康美の象徴。だから私は描き続けているのです」

 そう熱弁するのは、油彩画家の三嶋哲也氏。学生時代から古典絵画に心酔し、22歳で初の個展を開催。年間100点以上の静物画を描いて研鑽を積み、毎年のように三越や西武などの百貨店で個展を開いてきた。

「画家として静物画で様々な鍛練を積んできました。転機となったのは画業10年目、2004年に良いモデルと出会い、思春期からエロティシズムを感じてきた女性のお尻のヌードを描いて評判を得たんです。その後、2009年に再び良いモデルとの出会いに恵まれ、お尻を本格的に描くようになりました」

 現代では写真を見て描く画家も多い中、三嶋氏はモデルのお尻を見ながら描く古典的なスタイルを貫く。そうして描き続けたお尻の絵画は50点以上に及ぶ。なぜ三嶋氏は、これほどまでにお尻の魅力に取り憑かれたのか。

「今や整形の技術が進歩し、豊胸が当たり前の時代になってきた一方、多くの女性のお尻はまだ“生まれたまま”です。おっぱいが夢なら、お尻は真実。私はこれからも、その膨らみをありのままに描いていきます」

【プロフィール】
三嶋哲也(みしま・てつや)/1972年、長野県生まれ。日本橋三越、日本橋高島屋、池袋東武、西武そごうなどの数々の百貨店や、銀座秋華洞などの画廊で個展を開催。お尻の魅力に取り憑かれ、50点以上の作品を制作。

取材・文/河合桃子 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年7月16・23日号

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン