芸能

市村正親&篠原涼子、長男の舞台出演決定 子供たちは離婚を拒んでいた

離婚発表当日の篠原涼子

離婚発表当日の篠原涼子

 市村正親(72才)と篠原涼子(47才)が、7月24日に離婚を発表した。昨年から、撮影中での家庭内感染を防ぐという理由で別居をしていたという2人。市村は離婚を報告する文書の中で《別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました》と、離婚に至った経緯を説明している。

 2人の出会いは20年前に遡る。2001年9月、篠原の初舞台『ハムレット』で共演したのが、市村だった。篠原は市村の演じるハムレットのお妃候補・オフィーリアを熱演。この共演で出会い、その後24才差の2人は交際をスタートさせた。

 そして、2003年に市村が当時の妻と離婚し、2005年に篠原と市村が結婚。2008年には長男が誕生し、2012年には次男が誕生した。

 離婚を発表した文書で、篠原は15年半連れ添った夫へ感謝の言葉を綴った。

《舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません。この姿勢は今もこれからも変わる事はありません。(中略)なのにこのような状況になった事、なかなか理解しにくいかと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました》

 離婚にあたり、慰謝料も財産分与もなく、長男と次男の親権は市村が持つ。

 2人の子供は、離婚に反対していたという。

「子供たちは『絶対に離婚しないで』と願い続けたそうなんです。それが夫婦の最後のストッパーになっていた。離婚を決めたときは篠原さんが、離婚してもママはママだし、家族は家族。近くに住んで学校の行事にも出るからね、と何度も話して聞かせ、約束したそうです。それに、実は長男はこの秋に、舞台出演が決まっているそうです。息子の門出を前に、自分たちの関係をスッキリさせようと考えたのでしょう」(篠原の知人)

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト