国内

日本人スタッフに海外選手メロメロ 選手村が「ナンパ村」になっていた

村内は出会いの場(写真/共同通信社)

村内は出会いの場に(写真/共同通信社)

 熱い“駆け引き”が競技外でも繰り広げられている──。「海外選手団のナンパがすごいんです。主に選手村の日本人女性スタッフが狙われています」と語るのは、東京五輪選手村のある30代女性スタッフ。村内を歩いていると、海外選手に声を掛けられることがよくあるという。

「最初は“どこどこに行きたいんだけど案内してほしい”という話だったのに、いつの間にか電話番号を渡されたり。SNSのアカウントを聞かれることも多いです。

 個人的には南米の選手から声を掛けられることが多いかな。ラテン系のノリというか、『ヘイ、彼女!』って(笑)。日本人らしい“曖昧な笑顔”で断わっていますが、スタッフに『選手と個人的に交流してはならない』という規則はないので、連絡先を交換しているスタッフも多いですね」(女性スタッフ)

 そのまま仲良くなって、村内デートをするスタッフもいるという。

「選手村の公園内のベンチは夜になるとカップルだらけ。みんなキスしたりハグしたり、人目も気にせずイチャついているんですが、スタッフと海外選手が“密会”しているケースもあるそうです」(同前)

 競技会場でも日本人女性スタッフに選手たちがメロメロになっている。ウェイトリフティングの会場で選手の誘導などを担当する20代アルバイト女性が語る。

「会場案内の最中に連絡先を聞かれることが多いです。“ねえ、Facebookやってる?”みたいな。ただ私、筋骨隆々の男性がちょっと苦手なもので(苦笑)、お断わりしています」

 大会組織委が作成したアスリート向けの「公式プレイブック」には、感染対策の観点から〈他の人との交流は最小限にしてください〉と呼びかけているが、一部海外選手は日本の女性との交流を求めてやまないようだ。

 組織委に聞いたが、締切までに回答はなし。閉会までに「国際カップル」がたくさん誕生してるかも?

※週刊ポスト2021年8月20日号

バブル方式での開催では、選手村の外での出会いは難しそうだが…(dpa/時事通信フォト)

選手村の外での行動は難しいので…(dpa/時事通信フォト)

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト