• TOP
  • スポーツ
  • 阪神OB広澤×中西×八木座談会「巨人に逆転優勝の力は残ってないですよ」

スポーツ

2021.08.20 07:00  週刊ポスト

阪神OB広澤×中西×八木座談会「巨人に逆転優勝の力は残ってないですよ」

阪神のV戦士OBが阪神優勝の条件を語る(左から広澤克実氏、中西清起氏、八木裕氏。撮影/杉原照夫)

阪神のV戦士OBが阪神優勝について語る(左から広澤克実氏、中西清起氏、八木裕氏)

 前半戦をセ・リーグ首位で折り返した阪神。2005年以来となる優勝を成し遂げるために必要なのは何か。阪神OBである中西清起氏、広澤克実氏、八木裕氏の3人が後半戦の戦い方について語る。【記事全4本の4本目】

 * * *
──今季の後半戦のライバルは巨人?

八木:ヤクルトも怖いですけど、タイガースは巨人にどう勝つかに集中するのがいいと思います。

広澤:いや、ジャイアンツに逆転優勝するような力は残ってないですよ。前半戦を見る限り丸(佳浩)も坂本(勇人)も錆びついている。まあ、坂本はオリンピックでは打っていたけど。(防錆の)KURE5-56スプレーでも塗ったのかな。

八木:そんなネタはいいですよ(苦笑)。巨人はケガ人や不調な選手が多いけど、それでもこの位置にいる怖さはありますよ。

中西:やっぱり原(辰徳)監督はいやらしい野球をするというか、カウント2-2でピッチャーを代えたり、相手に考えさせる野球をやる。やりづらい相手ですね。優勝経験のある選手も多い。

広澤:いや、今年はタイガースが上でしょう。先発陣の力は勝っているし、伝統的にいいリリーフ陣だって良くなっていくと思う。7~9回がしっかりすれば負けませんよ。

八木:それは我々含めタイガースファン的な考えじゃないですよね。東京に住んでいる広澤さんは、タイガースファンがどれだけ心配しているかを知らない。

広澤:ファンの皆さんも、何を焦っているんですか。大阪に来るとね、おっちゃんたちが口を揃えて“今年はどないなりまんねん”と言う。そのたびに“大丈夫ですよ”と言っています。ボクは生え抜きのお二人とは違う立場で、東京から客観的に見てますから。

 2008年は(巨人に)内海とグライシンガーという天敵がいたけど、今年はそういうピッチャーが見当たらない。反対にジャイアンツは青柳(晃洋)や左の高橋遥人を苦手にしている。タイガースに悪い条件がないんです。ファンの人たちには、“週刊ポストで広澤が心配ないと言っていますよ”と伝えてあげてください。

八木:責任がない立場だからって、そこまで言いますか(苦笑)。

広澤:心配なのはCSで勝てるかです。タイガースは短期決戦に弱い。2003年も2005年も日本シリーズはダメだった。なぜか分からないけど、短期決戦はとにかく弱い(苦笑)。

中西:たしかにここ一番に弱い。だからやっぱり最後まで5ゲーム差は離した状態でいないと。もちろん、リリーフ陣が戻れば大丈夫だと思うけどね。巨人はもともと7~9回を任せられる投手がいないわけで、本来は頼りになる岩貞、岩崎がいるタイガースとは違うというのはあるわな。

関連記事

トピックス