芸能

伊藤淳史が主演ドラマで感じた“正義のジレンマ” 子育てでも経験

ドラマ収録中の第3子誕生エピソードを語ってくれた(撮影:小倉雄一郎)

ドラマの問題提起は身近なところにも(撮影:小倉雄一郎)

 8月22日から放送が開始するドラマ『白い濁流』(NHKBSプレミアム)で、主人公・好並一樹役を演じている俳優の伊藤淳史(37)。ドラマを通じた問題提起や私生活における子育ての小さな悩みなどについて本人が語った。

『白い濁流』は薬品開発をめぐる研究者らの葛藤を描いた社会派エンタテインメント作品。伊藤淳史演じる主人公の研究者・好並一樹が“ある画期的な発見”をしたことをきっかけに、研究者仲間で親友の柏木航(桐山漣)とともに止むを得ず不正に加担。それを主人公の幼馴染でもある新聞記者・河原智子(佐々木希)に知られてしまい、3人の人間関係が変化していくという物語だ。

 ドラマ制作開始時に寄せたコメントで、伊藤淳史は「すごく面白いストーリーであると同時にもし自分だったらと深く考えさせられました」と語っていた。具体的にどのような思いを抱いたのだろうか。

「自分が同じ状況に置かれることはほとんどない役柄だったので、自分の経験に置き換えたわけではないんですけど、『もし仮に自分が一樹と同じ立場になったらどうしよう』と考えました。大多数の人にとっての幸せは大事ですけど、それがごく一部の人にとって害になる可能性があった時に、僕だったらどうするべきだろうと。ほぼ全ての人を助けることができるけれど、中には被害を被る人もいる。それを選択しなければならない状況に自分が置かれたらどっちを取るべきなのか、すごく考えさせられるなと思って。

 今回僕が演じた一樹の場合は、テレビでオンエアされたら自分が嫌われるかなと思うぐらい、最低な人間として演じました。けれど一樹がそういうことをしてしまうのはちゃんと理由がありますし、ブレない正義感があってのこと。自分が築いてきた正義を貫くために最低なことを言ってしまう。とてもやりがいがある役柄でもあるので、台本に書かれている以上に酷く冷たい男として演じました。

 一樹はただの悪じゃないんですよね。いわば“正義のための悪”で、僕自身はこれまではあまり悪役を演じた経験はなかったんですが、社会の濁流に飲み込まれて現実を突きつけられた時に悪い方に行ってしまう、そういう人間をどう表現しようかとすごく考えました。一樹が酷い言葉を投げかけるシーンを撮り終わって帰る時に、共演している西村まさ彦さんに『楽しいでしょ? すんごい楽しそうな目をしているよ』って言われて、西村さんには全てお見通しというか(笑)、そのぐらいの思いでやりがいを感じながら取り組んだんです」

(写真提供:NHK)

製薬会社社長(西村まさ彦)から持ちかけられた相談とは…(写真提供:NHK)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン