• TOP
  • スポーツ
  • 中田翔、出場停止期間の“大幅短縮” 「野球で結果を残せばいい」の筋違い

スポーツ

2021.08.23 16:00  NEWSポストセブン

中田翔、出場停止期間の“大幅短縮” 「野球で結果を残せばいい」の筋違い

結果的に無期限出場停止処分がうやむやになってしまった中田翔(時事通信フォト)

結果的に無期限出場停止処分がうやむやになってしまった中田翔(時事通信フォト)

 日本ハムから巨人に電撃移籍をした中田翔(32)が、移籍早々に活躍している。中田は8月4日、DeNAとのエキシビションマッチ前にチームメイトに暴行を働き、11日から日本ハムから無期限出場停止処分を受けていた。だが、20日に巨人への無償トレードが発表されると、同日限りで処分は解除に。21日には1軍登録されて代打で初出場。22日には『5番・ファースト』でスタメン起用され、移籍後初本塁打を放った。プロ野球担当記者が話す。

「普通のトレードだったら、ファンにもっと歓迎されたかもしれません。しかし、相手が脳震盪を起こしたと言われるほどの暴力を振るって“無期限出場停止”になったのに、移籍でそれがチャラになって優勝争い中の巨人の貴重な戦力になっている……。さすがに、プロ野球ファンからも不満の声が多く聞こえてきます」(以下同)

“無期限出場停止”が謳われながら、結果的に8月13日のリーグ戦再開後、中田は日本ハムで5試合欠場したのみに。出場停止期間は、わずか10日間で終わった。

「過去、謹慎処分になった選手と比べても、結果的に大甘裁定になったと言えるでしょう。巨人の山口俊は2017年夏に病院の扉の損壊や警備員への暴行で、傷害と器物損壊の疑いで書類送検され、8月18日からシーズン終了まで出場停止処分となった。古くは巨人の桑田真澄が1990年に逮捕歴のある人物からの金品授受などが発覚して開幕から1か月の謹慎処分になっています」

 山口は翌年にノーヒット・ノーランを達成し、翌々年には最多勝を獲得。桑田は同年、勝ち星数、防御率ともにリーグ2位。この前後を挟んで、6年連続2桁勝利を挙げ、1994年にはMVPにも輝いた。

「2人とも謹慎が長かった分、精神的に強くなった面もあったと思います。特に、桑田の場合はバッシングの嵐に晒されましたから、相当堪えたと思います。あの頃はまだJリーグもなく、メディアのスポーツ情報といえば野球ばかり。その中心に巨人がいた。注目度は今とは比べものにならないほど高かったですから」

関連記事

トピックス