芸能

特殊詐欺撲滅活動に取り組む伍代夏子「60代くらいの世代が危ない」

伍代夏子

この活動では警察官の礼服に身を包む。この日はライトグレーの夏服を着用

「普段は着物でステージに立っていますので、こうして礼服に袖を通すと使命感がわいてきますね」。警察官の礼服を着た伍代夏子(59才)はそう語ると、キリッと表情を引き締めた。伍代は2018年より警察庁の「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)に参加し、警察庁特別防犯支援官として特殊詐欺撲滅のための広報活動に取り組んでいる。

「芸能界のプロジェクトチーム・SOS47は杉さん(夫の杉良太郎)の発案で生まれました。警察庁特別防犯対策監を務める杉さんはメンバーを集めては“自分は警察官なんだ”という自覚を持つよう、意識を高めています。『私たちは警察官なんだから街中で交番を見かけたら、立ち寄ってほしい。警察官の皆さんに“この街を守ってください。気をつけてくださいね”と激励してほしい』と促すんです。

 杉さんですか? 杉さんも自ら積極的に立ち寄っています。日頃からそうした意識が根付いているので、SOS47の活動にはみんなとても熱心に取り組んでいます」

 SOS47のチームはコロッケや城島茂、松本利夫(EXILE)、川栄李奈、乃木坂46、AKB48など幅広い年齢層で構成されている。

「特殊詐欺の被害は高齢者に多いのでご高齢のかたがたがこれ以上被害に遭わないよう、若い人は同世代へ向けて、アルバイト感覚で“受け子”にならないよう、役割分担をして広い世代へ呼びかけています」

 特殊詐欺は全体として減少傾向にあるものの、昨年の被害件数は1万3550件、被害額は285.2億円。和歌山県では2020年の特殊詐欺被害額が前年の2倍近くに増加したことを受け、7月には伍代が同県を訪れて啓発活動を行った。現地では和歌山県警察が開設した特殊詐欺被害防止専用の無料電話「ちょっと確認電話」(0120・508・878=これはわなや)をPRすべく、

「電話の中で『市町村職員』『介護保険料金の払い戻しがある』『手続きは今日の何時まで』『携帯電話を持って近くのATMへ』という話があれば詐欺の可能性が大です! 確認して被害を防ごら~」

 などと、親しみやすく和歌山弁を交えて人々へ注意を呼びかけた。

「県民性に合った土地の言葉で伝えることで、身近に感じていただけたらいいなと思います。これだけ還付金詐欺に注意してくださいと言われ続けていても被害がなくならないのは、詐欺グループに心の隙へ入り込まれるから。私は電話の犯人の声を聞いたことがあるんですが、とってもやわらかい、やさしい話し方をするんですよ。コロナ禍で人と話す機会がなくてさみしく感じるひとり暮らしのかたなどはついつい世間話をしてしまい、気がついたらATMへ誘導されてしまうんでしょうね」

関連記事

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン