芸能

松本人志と爆笑問題「共演NG」解禁で騒然 27年間の恩讐の彼方に

そもそもなぜ「共演NG」と言われていたのか(爆笑問題。時事通信フォト)

そもそもなぜ「共演NG」と言われていたのか(爆笑問題。時事通信フォト)

「共演NG」と噂されていた2組の共演に、視聴者のみならずテレビ業界も騒然となった。8月28日、『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』(フジテレビ系)が放送され、ダウンタウンの松本人志と爆笑問題が隣同士に座り、トークを交わした。彼らは2014年3月31日の『笑っていいとも!グランドフィナーレ』(フジテレビ系)でも同じ舞台に立っていたが、特に言葉は交わしていなかったため、今回の“事件”のインパクトは大きい。そもそもなぜ、彼らは“共演NG”と言われていたのか。

 浅草キッド著『お笑い 男の星座』(文藝春秋/2001年1月刊行)によれば、爆笑問題の太田光が1994年に雑誌『ホットドッグ・プレス』の連載コラムで当時アディダスばかり着ていた松本のことを、『アディダスの広告塔か! あの無神経さは信じられない!』と綴った。これを知った松本が激怒。フジテレビに爆笑問題の2人を呼び出し、土下座をさせたという。芸能記者が話す。

「1994年当時、週刊誌でもこの騒動が話題になっていました。この頃、ダウンタウンは『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)などゴールデンタイムでレギュラー番組を複数抱える超売れっ子でした。爆笑問題は1990年に太田プロダクションを独立した影響もあって、お笑い勝ち抜き番組のチャンピオンになるなど一から出直していた時代です。両者の勢いには大きな差がありました」

 爆笑問題はその後、『タモリのSuperボキャブラ天国』(フジテレビ系)などで台頭し、1990年代後半には複数のレギュラー番組を持つまでに成長。ダウンタウンは松本人志の著書『遺書』が200万部を突破するなどお笑い界にとどまらず、日本有数の著名人になった。テレビ局関係者が語る。

関連記事

トピックス