芸能

石田純一「ノーマスクで深夜のバー通い」ある意味すごい強メンタル

石田純一を目撃

石田純一を目撃。素足スタイルが光る

 半袖短パンに、靴下をはかない素足でのローファー姿。お馴染みの格好でマスクもしないまま、東京・港区の超高級タウンを歩いていたのは、石田純一(67才)。午後8時すぎ。雑居ビル地下の会員制バーに入っていく。このあたりは数多くの芸能人が毎晩のように現れるエリアである。

 店を出てきたのは、日付の変わった午前0時すぎ。マスクをしていないために、すぐに顔がバレしてしまい、通りがかったカップルの女性から「あっ、石田さんじゃないですか~」と声もかけられたが、とろんとした視線で足元もふらついている石田は、笑顔で会釈するだけ。路上で拾ったタクシーに乗り込むと、自宅方向へと走り去っていった。

 この日は、東京都内は緊急事態宣言が出されていた7月22日。あるワイドショーデスクは「ここまでくると、懲りないレベルを超えて、もはや強いポリシーさえ感じますね」と、呆れるように苦笑いする。石田を良く知るある芸能関係者は「石田さんが入ったのは、彼の知人が経営している会員制バーだと思いますよ。おそらく貸し切りで飲んでいたのでしょう」と話した。

 石田といえば昨年4月県外移動を強く自粛要請された国内初の緊急事態宣言発令下、沖縄のゴルフ場でコロナを発症。ゴルフ場と宿泊先ホテルを一時的に臨時休業させてしまい、本人も一時は危険な状態に陥ったほどだ。それでも退院後に飲みに出歩く姿を何度も撮られて、大バッシングを浴びた。複数のスポンサーから契約を解除され、テレビ出演もなくなるほど仕事が激減。妻の東尾理子(45才)との離婚危機までささやかれたほどにどん底に突き落とされたが、それでも飲み歩きはやめられないようである。

 くしくもこの日の午後に出演したラジオ番組「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(文化放送)で「毎月PCR検査、抗体検査をやっています。抗体がいつぐらいに無くなるのかとか、入院していた病院とかにデーターを欲しいと言われて」と明かしていた。

 前出の石田を良く知る芸能関係者が、彼の思いを代弁する。

「ワクチン接種も済ませたし、お店も貸し切りにして飲んでいる。つまり感染対策はしているから、彼の中では『ここまでしてるんだから普通に飲み歩いてもいいでしょう』という思いなんでしょうね。SNSで叩かれることなど本気で気にもしないし、ある意味、とことん“心のままに”です。

 石田さんは一見、物腰が柔らかで人の良さそうな雰囲気を醸していますが、強烈な個を持っている方。いくら世間から批判を受けても、自分がこうと思ったら意思を貫くタイプ。良いか悪いかは別として、とにかく強いメンタルの持ち主です」

 思えばトレンディ俳優としてブレイクして以降、ドラマや映画よりワイドショーが主戦場となった。ここまで長く“お騒がせタレント”として第一線を走り続けられるのも、メンタルの強さゆえか。とはいえ、くれぐれも感染にはご注意を。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン