コラム

クラスのいじめっ子がピタリといじめを止めた「パンツ事件」の謎

いじめられた側の心の傷は簡単には癒えない(イメージ)

 日本選手のメダル獲得数だけを見れば大成功だった東京五輪だが、あまりにもトラブルが多かったのは消せない事実。特に大騒ぎになったのが、開会式の楽曲担当ミュージシャンのいじめ騒動だ。これは、過去のインタビューのいじめ告白が蒸し返されたものだったが、いじめられた経験を持つ者にとっては、その被害の傷は一生モノだ。

 都内に住む会社員のYさん(40代男性)は、恩師の葬儀に出席した際、シビアな現実を目にした。

「数年前、高校時代にお世話になったH先生が亡くなり、葬式に行くと、同級生が何人か来ていました。葬儀後軽く一杯飲むことになりましたが、気になったのはそのメンバーです。その中にはクラスの番長的存在だったKと、KにいじめられていたSがいたのです。

 内心ヒヤヒヤしていましたが、卒業から20年近く経っており、場は和やかに進みました。お酒が入ると口も軽くなり、誰かが『KとSが一緒に飲んでるなんて信じられない』と言うと、Kは頭を下げて過去の行動を詫び、Sも『昔のことだから』と笑みを浮かべたため、自然と全員から拍手が沸きました。

 しかし帰る方向が一緒だったSと電車で話していると、Sは忌々しげに『一生会わないと思ってたのに……』『許すわけがない』『あの場でモメたらH先生に申し訳ないから』と言い、『本当は殴りたかったけど、あんなヤツは殴るにも値しない』と吐き捨てました。私はノンキに拍手したことを謝りましたが、Sの心の傷を思うといたたまれなくて……」(Yさん)

 これだけ声高に問題が語られながら、どうしてもなくならないいじめ問題。都内の小学校で教壇に立つOさん(40代男性)が、近年のいじめの傾向について語る。

「いじめに良し悪しなどありませんが、昔は学校が終わればいじめもお終いで、家という避難場所がありました。しかし今はいじめのツールがネットやSNSに変わっており、いじめられっ子は24時間いじめに晒されることになります。しかもネットやSNSなどのいじめを教師が把握するのはとても難しい。年輩の教師は『インターネットのことは分からない』と若手任せにしますし、こちらとしてもプライベートの時間に四六時中ネットを徘徊しているわけにもいきません。

 我が校では教師と生徒がSNSで繋がることは原則禁止なので、直接被害を訴えてもらうか、問題があることを告発してもらうのが有効ですが、そうなると今度は“密告者探し”になってしまうので難しいですね」(Oさん)

 インターネットが一般に普及するようになったのはここ20年ほどのこと。教師の中にはネットリテラシーがゼロに等しい人もおり、生まれた時からネットがある今の子供たちに対応するには限界があるとOさんはいう。

本当にいじめっ子の“凡ミス”だったのか?

 そんなOさんだが、かつて担当クラスのいじめっ子がぴたりといじめを止めた事件があったそうだ。なぜいじめをやめたのに“事件”なのか? Oさんが振り返る。

「私のクラスにA君というヤンチャな子がいました。身体が大きく、運動神経も抜群で、周りの子をすべて子分のように扱い、自分の気に食わないことがあると教師にも歯向かってくるような子でした。

 6年生が全員参加するサマーキャンプでのことです。最終日、忘れ物を1か所に集め、生徒に確認させていると、その中に白いブリーフがありました。ブリーフには『A』と書かれており、お漏らしをした跡があります。A君は“オレのじゃない!!”と強く否定しましたが、Aという名字はA君だけ。この一件以降、A君は卒業まですっかり大人しくなりました」(Oさん)

 当初は誰もが、「汚れた下着を発見されたA君が、恥ずかしさのあまり、自ら“お山の大将”の地位を退いた」と考えていた。しかし、よくよく考えると不自然な点がいくつもあったという。

「先生方に聞くと、汚れたパンツを忘れ物コーナーに置いた人は見つかりませんでしたし、当時の6年生の間では『白いブリーフ=ダサい』という認識で、そもそも白いブリーフを履いている子はほとんどいませんでした。お漏らしをすると、保健室で貸し出されるのが白いブリーフだったので、白いブリーフを履いているだけで冷やかされるという事情もあったようです。

 そもそも、汚れたパンツを人目に付く場所に置き忘れるというのがおかしいですし、隠せる場所もいくらでもありました。A君の横暴に耐えかねた誰かが、A君への復讐を図って汚れたパンツを用意したのではないかという憶測も飛びました」(Oさん)

 いじめは絶対許されないが、もし、これがいじめられっ子の“謀略”だったとしたら、それはそれで、きちんと処分すべきだったのか……。その後、A君のいじめがぴたりと止んだのは良かったが、Oさんは何をどうするのが正解だったのか、いまだに結論が出ていないそうだ。

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
ダンディーな色気が増す中井貴一
中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン