国内

眞子さま結婚問題「お気持ちを変えられるのは美智子さまだけ」の声も

(時事通信フォト)

異例のご結婚へと突き進まれている(2017年5月、東京・港区 時事通信フォト)

 読売新聞は9月1日、《眞子さま年内結婚》と一面で報じた。秋篠宮家長女・眞子さまのご結婚問題は大きく動き出したかに見えた。だが実際には、事態は何も進展していない中での“フライング報道”だともいわれている。宮内庁関係者によれば、眞子さまのご結婚はまだ白紙状態で、“年内結婚”は支持率低迷に困り果てた菅義偉首相周辺が苦し紛れで流したリーク情報だとみられているという。

傷病手当にも不正受給疑惑

 小室圭さんが母・佳代さんの金銭トラブルについて説明した文書を出した4月8日より少し前、眞子さまは宮内庁の西村泰彦長官に曇りなき眼で、「小室さんは本当にすばらしい男性なんです」と訴えたという。小室さんを信じ続ける眞子さまに、皇室の内部でもこんな疑問の声があるという。

「一時金を辞退されても、それで国民の賛同が得られるかといえばそうではないでしょう。問題は、数々のトラブルが明るみに出ても、誠実な対応を見せない小室家側への不信感です。約束を簡単に違える小室家側の姿勢に、どうして眞子さまは疑問を持たれないのかと、甚だ疑問です」

 婚約延期の発端は、佳代さんと元婚約者Aさんとの間の金銭トラブルだった。しかし、Aさんとの充分な話し合いがないまま、2019年には小室さんが「問題は解決済み」とした文書を発表。今年4月には28枚に及ぶ文書を公表、Aさんに解決金を支払う用意があると表明したが、いまだAさんには何の接触もないという。

 佳代さんには、夫の敏勝さんに先立たれてから遺族年金を不正受給した疑惑まで浮上。勤務先の洋菓子店とのトラブルも明らかになった。

「佳代さんは6月上旬、“更衣室で靴を履き替えるときにアキレス腱を痛めた”として1か月以上欠勤し、労災の申請を求めたそうです。ですが、勤務先の社長は労災を認めず、先日ようやく弁護士同士の話し合いが始まったと聞いています」(皇室記者)

 佳代さんは2018年には「適応障害」を理由に勤務先を長期間欠勤していたという。「約1年半にわたって仕事を休み、その間は傷病手当を受け取っていた」(前出・皇室記者)というが、問題はそれも不正受給の疑いがあることだ。

「佳代さんは洋菓子店を休んでいた間、軽井沢の友人のもとで別の仕事をしていたそうです。友人は喫茶レストランを経営しており、そこでホールの給仕やバックヤードでの作業に従事していたそうです」(前出・皇室記者)

 つまり、佳代さんは働きながら傷病手当を得ていたことになる。元の職場に黙って働いていたのであれば不正受給に当てはまるだろう。“義母”のそうしたトラブルを、眞子さまはご存じなのだろうか。

関連記事

トピックス