• TOP
  • コラム
  • 格安スマホにしたい!「解約」「乗り換え」それぞれの手続き方法を解説

コラム

2021.09.14 15:00  マネーポストWEB

格安スマホにしたい!「解約」「乗り換え」それぞれの手続き方法を解説

格安スマホの乗り換えタイミングと手続き手順

 携帯プランの見直しはシニア世代にとっても重要だ。ドコモ、ソフトバンク、auという3大携帯キャリアとは別に「格安スマホ」が次々と登場している。乗り換えを検討している70代男性が言う。

【図解】月々いくらお得になる? 大手キャリアと格安スマホの通信費を比較

「毎月の携帯代が8000円ほど。会社勤めの頃みたいに電話をかける相手もいないし、負担に感じています。最近は安いのもあると聞いたのですが、手続きが大変そうで……」

 どのように手続きを行なえばいいのか。ケータイジャーナリストの石野純也氏が解説する。

「もとの電話番号をもう使わないのであれば『解約』、電話番号はそのままに格安スマホなどに変更したい場合は『乗り換え』手続きを行ないます。

 まず、解約の場合は、基本的に携帯ショップや各キャリアの店舗で手続きします(ドコモとソフトバンクは専用オンラインからでも可能)。その際、本人確認書類が必要になります」

 解約すると電話番号が破棄される。そのうえで、新たに格安スマホを契約すれば、新しい電話番号とともにSIMカード(契約者を特定するために電話番号などの情報が入ったカード)が送られてきて、利用できるようになる。ただし、スマホにセットするなどの作業を基本的に自分で行なわなければならない。

「格安スマホは月2000円程度で済むなど安い代わりに、店舗がありません。インターネット上でしか手続きできないうえに基本的にクレジットカード払いの会社が多い。『UQモバイル』『ワイモバイル』『楽天モバイル』なら実店舗があるので、サポートを受けられます」(石野氏)

 解約の際は、「違約金」の発生にも注意が必要だ。ITジャーナリストの山野祐介氏が指摘する。

「毎月の利用料が割安になる代わりに2年間の利用が必須になる『2年縛り』は、解約のタイミングによって違約金が発生します。契約期間の2年間が終了した月と翌月、翌々月の3か月間のうちに解約しないと、1万450円かかってしまいます(ドコモの場合)」

 2019年10月以降にルールが変更されたが、それ以前からの大手携帯会社の利用者は解約のタイミングも重要になる(図参照)。

「メールが使えなくなりますよ」と伝えられるが

 電話番号をそのまま使い、格安スマホに乗り換えたい場合は別の手続きが必要になる。前出の石野氏の解説。

「まずは現在使用している携帯会社で『MNP(モバイルナンバーポータビリティ)番号』を取得します。10桁の番号を発行してもらい、新たな携帯会社と契約すればそのまま電話番号が引き継がれます。手続きはインターネットと電話でもできますが、手っ取り早いのは実店舗。『格安スマホに乗り換えるので、MNP番号を発行してほしい』と伝えましょう。その際は、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要になります」

 最近では携帯会社による引き留めはなくなってきたが、前出の山野氏は「“メールが使えなくなりますよ”などと伝えられて不安を覚えることはあるかもしれません。その際は、冷静に使う頻度や相手の数を思い返して考えましょう」と言う。

 MNP番号を取得したら、乗り換え先の携帯会社の実店舗かネットで新規申し込みをする。

「申し込みに必要なのはMNP番号のほか、本人確認書類やクレジットカード情報などです。手続きが終わると実店舗はその場で、インターネットなら郵送で新しい『SIMカード』が発行されます。このSIMカードをもともと使っていたスマホ本体に差し込み、ネットや電話で開通手続きをすれば乗り換えが完了します」(山野氏)

 携帯電話の見直しを終えたら、さらに使う頻度が減るはずの自宅の固定電話の解約も考えたい。その際は、「116」(NTT東日本、西日本ともに共通)に電話をする。

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

関連記事

トピックス