ビジネス

ニンニク系グルメが活況 マスクで「口臭気にせず」新商品ズラリ

ニンニク製品が惜しげもなく市場に投下

ニンニク製品が続々と市場に投下されている

 長引くマスク生活で、私たちの食にも変化が現れている。その一つが「ニンニク」関連商品の隆盛だ。多くの人に愛されるニンニク。気になるのは口臭だが、“発する側”も“嗅ぐ側”も、マスクでガードされるようになった。その上、会議や打ち合わせではソーシャルディスタンスで距離をあけるし、そもそも在宅勤務で人と会わずに仕事をする機会も増えた。だからこそ、臭いを気にせずニンニクグルメを楽しむ人が増えているのだ。

 実際に、餃子の王将が3月に販売開始したニンニク量「通常の2倍以上」の「にんにく激増し餃子」は客が殺到し、売り切れとなる店舗が発生。8月に発売された具入り調味商品「にんにく背脂」(エスビー食品)は、ラーメンやチャーハン、鍋にトッピングとして使える「食べるラー油」のような商品で、こちらも発売直後に店の棚から消える事態が起きた。

 この7月以降に発売された主なニンニク系グルメを並べるだけでも、そのラインナップに驚くのではないか。

【カップ麺・即席麺】
「天理スタミナラーメン」(エースコック)
「でかまる えび塩ガーリック風味焼そば」「マルちゃん らぁ麺すぎ本 辛塩ラーメン」(いずれも東洋水産)
「ペヤング 獄激辛にんにくやきそば」(まるか食品)
「日清 汁なし豚ラ王」「日清 辛豚ラ王」「カップヌードル辛麺」(いずれも日清食品)
「もやしが超絶うまい辛まぜそば 辛旨ニンニク味」「チャルメラ もやしが超絶うまい まぜそば ニンニクしょうゆ味」「信玄監修 札幌味噌鍋」「大砲ラーメン監修 久留米豚骨鍋」(いずれも明星食品)
「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」(リニューアル。サンヨー食品)

【冷凍食品・チルド商品】
「今日は家飲み ガーリックシュリンプ」「にんにく炒飯」(いずれもニチレイフーズ)
「WILDish ガーリックめし」(マルハニチロ)
「アヒージョ仕立ての骨なしスペアリブ」(米久)

【外食メニュー】
「にんにく醤油チキン」(日本ケンタッキー・フライド・チキン)
「トマたまカレーうどん」、「シビ辛麻辣担々うどん」(いずれも丸亀製麺)
「ビフテキ丼 ニンニクごま醤油」(松屋)
「Wニンニク牛丼」(すき家)

関連記事

トピックス