国内

開発中の「インフル混合ワクチン」メリットも大きいが、副反応に懸念も

「インフル混合ワクチン」のメリットとデメリットは?(時事通信フォト)

「インフル混合ワクチン」のメリットとデメリットは?(時事通信フォト)

 9月9日、モデルナは、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチンを開発中で、半年から1年以内に臨床試験を開始すると発表した。米製薬会社ノババックスも開発を進めており、いずれも3回目以降の追加接種(ブースター接種)向けを想定しているという。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏はこの動きに期待を寄せる。

「モデルナが開発中の混合ワクチンは、コロナワクチンと同じmRNAワクチンだと予想されます。これまでのインフルワクチンは不活化ワクチンといわれるもので獲得免疫が十分ではなく、接種しても罹患することが多かったが、この混合ワクチンにはより高い効果が期待できます。ノババックスは遺伝子組み換えタンパクワクチンという別のタイプですが、こちらも既存のインフルワクチンより効果が得られる可能性が高い。

 また、現在コロナワクチンを接種する場合は、他のワクチンと2週間の間隔を空けることが必要になるため、インフルワクチン接種への影響が懸念されていました。混合ワクチンによってその不安が解消されるだけでなく、一度で2つとも接種できるならメリットは大きい。開発が想定通り進めば、来年の予防接種のシーズンにも接種できるかもしれません」

 ただし、懸念すべき点もあるという。

「コロナとインフル両方の免疫反応を引き起こすため、副反応がこれまでのワクチン接種より強めに出る可能性は否定できません。モデルナは既存のコロナワクチンのブースター接種の臨床試験の結果を出していて、2回目接種と同程度の副反応が起きていると報告していますから、注意が必要です」(同前)

 メリットとデメリットを冷静に見極める必要がある。

※週刊ポスト2021年10月1日号

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン