芸能

仮面ライダー大好き芸人・塚地武雅が解説する平成ライダー【前編】

塚地武雅が平成ライダーを熱く語る

塚地武雅が平成ライダーを熱く語る

 仮面ライダー大好き芸人としても知られるドランクドラゴンの塚地武雅が、平成・令和の仮面ライダーを解説。ここでは、前編として2000~2009年に放送された、仮面ライダークウガから仮面ライダーディケイドまでの見どころを紹介してもらった。

 * * *
 ある日、子役の子供が電王の武器を僕に自慢したんです。すると、隣にいた相方の鈴木が「電王って、仮面ライダーじゃないよ。電車に乗ってるじゃん」っていって(笑)。でも、その子は偉くて、「その時期に観ているちびっこにとっては、それが仮面ライダーなんだよ」と反論したんです。

 つまり、仮面ライダーは時代によって変わっても、観てる子には今の姿が仮面ライダーなんだなと。挑戦する精神はライダー自身のみならず、スタッフやキャストの皆さん、そして、我々視聴者にもあるべきだなと。仮面ライダーは大事なことを教えてくれる作品です。これからも見続けます。

●仮面ライダークウガ 2000年〈平成12年〉1月30日~2001年1月21日放映

 リアリティがありました、クウガが巻き込まれる事件には。昭和のライダーはリアリティはあれど架空の街での出来事のようでしたけど、クウガは現実で起こっている事件に落とし込まれています。警察組織の人間関係にしても、それこそリアルだったし、サスペンスドラマとしても一級品。大人の鑑賞に堪えられるヒーロー特撮作品です。

●仮面ライダーアギト 2001年〈平成13年〉1月28日~2002年1月27日放映

 アギト、ギルス、G3という個性溢れる3体の仮面ライダーが登場し、それぞれの想いが交差する物語。単純に3人もライダーが登場してくると、やっぱりドキドキワクワクしますよね。それぞれのライダーになる人物の葛藤が深く描かれていました。個人的には一番好きな作品かもしれない。アギトのバーニングフォームが大好き!

●仮面ライダー龍騎 2002年〈平成14年〉2月3日~2003年1月19日放映

 鏡の世界で13人のライダー同士が戦うという、それまでのシリーズではあり得なかった、攻めた内容の物語。攻めたのは物語だけではなく、ライダーの特徴でもある複眼をマスクの下に収めたり、シリーズの基本を押さえつつ、いかに進化させていくかをテーマにしていたのでしょう。ライダーっぽくないテイストですが、斬新で面白い。

●仮面ライダー555(ファイズ) 2003年〈平成15年〉1月26日~2004年1月18日放映

 時代を取り入れるという意味で変身アイテムに携帯電話を利用しています。さらに龍騎以上に昭和ライダーのマスクを踏襲していません。そこに平成ライダーを制作してきたスタッフの熱き気概を感じ取ることができます。昭和ライダーから見続けていたファンをいかによりよく裏切るか。その熱意に新たなライダーの可能性を感じました。

●仮面ライダー剣(ブレイド) 2004年〈平成16年〉1月25日~2005年1月23日放映

 仮面ライダーになることが職業になっているのが新鮮でした。昭和のライダーはあくまでも人間を助けるヒーローだったわけですよ。それが平成になると敵を倒すことで企業から報酬を得る。その見せ方が実に面白かったです。危険手当はちゃんと出るんだろうか、と勝手に心配したりね。そういう部分でも主人公に感情移入しやすかったかな。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン