芸能

長谷川京子が別居、夫と子供が暮らす家を出る 結婚13年目で離婚へ決意

一人暮らしを始めた長谷川京子(2021年9月)

別居生活を始めた長谷川京子(2021年9月)

 結婚13年目となる女優の長谷川京子(43才)とバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト新藤晴一(47才)夫妻の結婚生活に重大な局面が訪れた。交際3か月でスピード婚をし、2人の間には12才の長男と8才の長女がいるが、長谷川は自宅を出てマンションで一人暮らしを始めたのだ。

「ママ、またね!」

 9月の日曜日、秋らしい高い空の下、小学生の少女が力強く手を振る先にいたのは、にっこりと微笑み、母の顔を見せる長谷川。ホワイトのTシャツにブルーのミニスカート、淡いブルーのストールというシンプルなコーディネートで、ミニからスラリと伸びる脚が変わらぬスタイルのよさを物語る。

 この日は娘とともに知人宅を訪問した。用事を終えた母娘は連れ立って帰宅するかと思いきや、長女は冒頭のように母に別れを告げて、父と兄が待つ自宅に帰っていった。一方、ひとりになった長谷川が向かったのは、都内の高級マンションだった。日曜日の夜に、夫と子供たちが待つ自宅とは別の場所に向かった長谷川。翌日も彼女はここから外出し、このマンションに帰ってきた──。

 今年、結婚13年目を迎えた長谷川は9月に初エッセイ『長谷川京子 おいしい記録』(集英社刊)を上梓した。日々の料理とともに12才の長男と8才の長女の成長を綴った内容で、繊細な長男と超マイペースな長女の育児に日々悩みながら奮闘する姿が描かれている。

 書籍の紹介のため、9月27日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演した彼女は、思い通りにいかない子育てにイライラした経験を吐露。悩んだ末、子供を厳しく叱るのではなく、我慢して見守るようになったと語った。

「自分でやっちゃった方が早いんですよ。子供にやらせようとすると、どうしても時間もかかるし。それを待ち続けるのにも、どうしても時間がかかる。やっぱり、どうしてもここは我慢して、子供がやるのを見届けなきゃいけないときがあるな、と最近思って」

 この言葉を聞いて複雑な表情を浮かべたのは、長谷川を知るヘアメイクだ。

「長谷川さんはいま、夫と子供を自宅に残してひとりで家を出ているんです。別居を決意するまでにはいろいろあったようで……。なのでいまの彼女は、子供たちとずっと一緒に過ごせているわけではないんです。長男や長女とゆっくり会えるのは週末だけみたいですね」

 長谷川に“異変”があったのは、今年の春頃だった。長谷川を知るファッション誌編集者が「そういえば……」と振り返る。

「長谷川さんが撮影の休憩時間、知り合いに『都心にいいマンションはないかな』と聞いていたんです。1か月ほどかけて、いろいろな部屋をひとりで内見していたようです」

 忙しい時間の合間を縫って物件を精力的に回り、最終的に決めたのが、冒頭の彼女がひとりで帰宅した高級マンションだった。

「知り合いのスタイリストさんが住んでいるマンションのようです。緑が多く落ち着いたエリアで、敷地に大きなプールがあることが決め手になったとか。

 最初は長谷川さんが昨年6月に始めたYouTubeチャンネルの撮影部屋なのかと思いましたが、フタを開けてみたら生活の拠点になった。いま彼女は家族と暮らしていた都内の自宅に立ち寄らず、夫とはほとんどコミュニケーションを取らない生活を続けているそうです」(前出・ファッション誌編集者)

関連記事

トピックス