• TOP
  • 芸能
  • 熊田曜子のグラビアへのこだわり「私に服を着せないで!」と叫んだ日

芸能

2021.10.01 07:00  週刊ポスト

熊田曜子のグラビアへのこだわり「私に服を着せないで!」と叫んだ日

「とにかくカッコよくキレイに、セクシーに見せたい」

「とにかくカッコよくキレイに、セクシーに見せたい」

 2001年にデビューし、これまで写真集を38冊、DVDを64枚リリースしてきた熊田曜子。売れるに従って肌の露出を減らすグラビアアイドルも多いなか、彼女は常にグラビアで勝負してきた。熊田が改めて「グラビア」と「グラビアアイドル」について語る。(全4回の第2回)

 * * *
 グラビアは不安な気持ちを抱えていると表情に出てしまいます。他の子のグラビアでも、楽しそうだとこちらの心も弾むけど、「この子、無理しているんだな」と伝わってくると、見ているほうが悲しくなっちゃう。

 私自身は、自分が楽しめない写真を世に出すより自分が納得できることを頑張ろうと心に決めているので、打ち合わせの時に「下乳はダメです。谷間とくびれとお尻は大丈夫です!」と先に宣言していました。せっかく水着を着るんだから、とにかくカッコよくキレイに、セクシーに見せたいんですよね。

 過去には事務所から、グラビアの露出を抑える方向の話が出ました。マネージャーから「熊田も少しずつ服を着ていこう」と言われたけど、「私は三角ビキニをずっと着たいから、服を着せないで!」と抵抗したら、意外にもあっさりと「あ、そう」と納得してもらえた。おかげ様で今までやってこれました(笑)。

 グラビアの醍醐味は1枚の写真を見て、「この子はどんな子なんだろう。一体何を喋るんだろう」と読者が想像できることです。私は見てくれる人を想像して、週刊誌ならお父さん世代だからと艶っぽい感じにしたり、少年誌なら男の子がみんなで読めるような明るい感じにしたり。撮影ごとに全然違う自分になれるのは毎回すごく楽しいです。

 当時からのグラドル仲間だと、磯山さやかちゃんや夏川純ちゃんは今でも仲が良いですね。世間の人は、グラドル同士は犬猿の仲だと思うかもしれないけど、そんなことは全然ありません。女性を武器に仕事をしているけど、中身は男性っぽくてサバサバしている人の方が多いですね。靴の中にこっそり画鋲を入れるような嫌がらせはまったくありませんでしたよ(笑)。

 グラドルは男性関係が派手なイメージがあるかもしれないけど、私はモテなかったです。ある俳優さんから連絡先が書いてある紙をこそっと渡された経験はあるけど、私が誘われた話を行く先々で暴露していたら、すっかりお誘いがなくなりました(笑)。

(第3回に続く)

【プロフィール】
熊田曜子(くまだ・ようこ)/1982年5月13日生まれ、岐阜県出身。身長164cm。2001年のデビュー後、数々の雑誌で表紙を飾り、トップグラビアアイドルに。現在3児の母。近年、YouTube「熊田曜子~40歳で自分史上最強になる~」で様々な動画を配信している。

撮影/舞山秀一

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連記事

トピックス