国内

NYで「報道陣無視」の小室圭さん 眞子さまの一喝で一気に態度軟化

小室さんの帰国を切望されていた(2018年12月、東京・千代田区)

小室さんに我慢ならなかったという眞子さま(2018年12月、東京・千代田区。時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが、およそ3年ぶりに帰国した。空港では、警察や空港関係者が脇を固め、完全に要人扱いでの“凱旋帰国”となった。そして、多くの人の度肝を抜いたのは、テレビカメラに捉えられた小室さんの変貌ぶりだろう。帰国直前の9月23日夕方(現地時間)、フジテレビの直撃を受けた小室さんは、長髪をポニーテールにしておでこ全開、かつては鋭角に上がっていた眉も平行に整えられていた。

 そして外見よりも衝撃的だったのが、その振る舞いだ。ポケットに手を突っ込み、記者からの問いかけにもイヤホンを外さず、無視を決め込むばかりか、時折記者をにらみつけるように一瞥する。婚約内定会見でにこやかに「宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます」と話した好青年の面影はなくなっていた。

 小室さんの様子は、当然、皇族方もご覧になっている。

「宮内庁職員のなかには“大人の顔になった”と評価する声もありましたが、“まさか、会見のときにもあの髪形じゃないだろうな”“あんな髪形と態度が続くのであれば、美智子さまは心を痛められてしまうのでは”と心配する声もありました」(宮内庁関係者)

 美智子さまのその心情を、別の宮内庁関係者はこう推察する。

「小室さんはこれまで、金銭トラブルを解決することも秋篠宮さまへの充分な説明もないまま渡米したり、婚約内定前のこととはいえ、上品さに欠ける写真が流出したり、いじめ疑惑が持たれたりと、皇室に求められる立ち位置とは大きく乖離した存在でした。

 今回のロン毛についても同様です。アメリカは自由、髪形も自由というのはひとつの真理です。しかし、皇室という歴史と伝統を重んじる立場からは、“身だしなみを整える”という意識の欠如に見えるのもまた真理。上皇后さまはそうした面を悲しまれるのでしょう」

 小室さんの変貌についての衝撃は、これまで眞子さまのご結婚問題を見守ってきた一般市民にまで広がった。ネットでは、あまりに雰囲気の変わった小室さんに対して“整形疑惑”まで持ち上がったのだ。「小室圭さん絶対整形したよね。すぐ気がついた。(笑)」「小室圭さん整形した? なんか顔違くない?」というものから「小室圭さん影武者? 別人みたい」というものまで。3年という月日は、人をここまで変えるのだ。

 そして、その変貌振りをもっとも許さなかった人物がいる。ほかでもない最愛のお相手・眞子さまである。

眞子さま、お叱りになる

「眞子さまは、容姿についてではなく、小室さんの態度に驚愕されました。秋篠宮さまご夫妻は、眞子さまのご結婚に心から賛同されているわけではありません。眞子さまとしては、これ以上、両親を刺激すれば表立って反対されかねません。そうした綱渡りの現状を、小室さんが理解できていないことにがまんがならなかったのでしょう」(皇室関係者)

 眞子さまはすぐに小室さんに連絡を取って“一喝”されたようだ。その結果は、わずか数時間後のTBSによる直撃取材に表れている。小室さんは、相変わらず無言を貫くものの、顔にはうっすらと笑みを浮かべ、報道陣に一礼するなど、態度を少し軟化させたのだ。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン