芸能

熊田曜子、39冊目の写真集発売「目指すはギネス。グラビアしかできない」

熊田曜子が見据える先は?

熊田曜子が見据える先は?

 トップグラビアアイドルとして長年活躍し続ける熊田曜子が、この10月に新たな写真集を発売する。プライベートでは3児の母である彼女だが、グラビアに対する意気込みは並大抵のものではない。いま、目指すものは何なのか? 熊田が語る。(全4回の第4回)

 * * *
 10月15日には、39冊目となる写真集『39(サンキュー)』が出ます。20年もグラビアを続けてこられたのは、ファンがいてくれたからです。ファンの温かいコメントにずっと救われてきたので、今回の写真集には「サンキュー」という感謝の心を込めました。20代後半からいつも「これが最後。悔いはない」という思いで撮影に臨んでいますが、39歳にして39冊目の写真集が出せて本当にうれしいです。

 私は長くグラビアをやらせてもらった分、「このポーズはくびれがキレイに見える」とか「このスタイリストさんならバストが美しく見せられる」といった“引き出し”が決まってきていました。今回の写真集では、新しい自分を引き出してもらうため、スタッフをほぼ一新して臨みました。

 撮影はカメラマンの舞山秀一さんに初めてお願いし、表情やポーズ、流れなどはすべて委ねました。仕上がりを見たら肌の質感がすごくキレイで、表情は今までの自分の写真では見たことのない柔らかさで、自分でも驚いたほどです。

 お気に入りは、素っ裸で寝そべっているカットです。大事なところを手で隠すのはグラビアの王道ですが、寝ながら隠すことはこれまでしていなかったので、パッと見た時にドキッとしてもらえるように心がけました。この今までの私にはなかったカットで、この写真集にかける私の意気込みが伝わればいいな。

 今ひそかに狙っているのは、写真集を最も多く出した女性としてギネスブックに登録されることです。海外には日本のようなグラビア文化がないようで、登録されるにはグラビアとは何かを伝えて、私が一番写真集を出していることを証明しないといけない。道のりは険しそうですが、本当に登録されたらものすごく誇りになるから、これからもギネス目指して頑張ります。

 私、グラビアしかできないんですよ。演技が苦手なので女優は無理だけど、グラビアだけはやりたいことが次から次に出てきます。だからこれから先もずっとグラビアをやっていきたいと思っています。写真集やSNS、いろんな活動や作品を通して、ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えていきたいです。

【プロフィール】
熊田曜子(くまだ・ようこ)/1982年5月13日生まれ、岐阜県出身。身長164cm。2001年のデビュー後、数々の雑誌で表紙を飾り、トップグラビアアイドルに。現在までに写真集38冊、DVD64枚をリリース。現在3児の母。近年、YouTube「熊田曜子~40歳で自分史上最強になる~」で様々な動画を配信している。

撮影/舞山秀一

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連記事

トピックス