芸能

『仮面ライダーリバイス』前田拳太郎 「変身!」と叫んだ瞬間、身震いしました

主人公・五十嵐一輝役に抜擢された前田拳太郎(写真提供/東映株式会社)

主人公・五十嵐一輝役に抜擢された前田拳太郎

 現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)。主人公・五十嵐一輝役に抜擢された22歳の前田拳太郎に、作品への意気込みを訊いた。

 * * *
 おかげさまで、9月5日に新シリーズ『仮面ライダーリバイス』の第1話が放送されました。

 その直後から、たくさんのメールが届き、本当にありがたかったです。昔から仮面ライダーを観続けている友人からも「よかったよ、面白かった」ってメールが届いて、ホッとしましたね。

 この『仮面ライダーリバイス』は仮面ライダー生誕50周年記念作品になるわけですが、プレッシャーは、めちゃめちゃあります。歴史の重さも感じています。初めて変身するシーンでは、ベルトを身に着け、先輩たちがそうしてきたように、自分も「変身!」の2文字を叫んだ瞬間、ブワッと身震いがしましたから。

 この作品で皆さんに楽しんでいただきたいのは“日常”ですね。僕の役どころは町の銭湯の長男。父と母が健在で、弟と妹がいる。長男として、いつも家族の幸せを願っている。そんな平凡な日常の中に悪魔が舞い降り、戦いが始まるわけですが、描かれているのはあくまでも平凡な日常の大切さだったりするんです。

 誰にでも、どこにでもある普通の日常のライダーとでもいえばいいのか、“すぐ隣にいる仮面ライダー”だと思ってもらえれば嬉しいです(笑)。

悪魔の囁きが聞こえた

 実は、主人公の五十嵐一輝に抜擢されるまでは精神的にきつかったんです。

 高校生まで空手を習っていて、大学進学を機に新しいことにチャレンジしたいと『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募したのですが、ファイナルに残れず。そのうちコロナ禍になり、自粛生活を強いられているうち、役者の夢を諦め就職したほうがいいんじゃないかと考え始めたんです。その時は「そうしろ」と、それこそ悪魔の囁きが聞こえたりして(笑)。

 そうやってひとり、部屋で自問自答を繰り返しているとき、ふと自分の心を変えなければ前に進めないと気づいたんです。昨日の自分に負けちゃダメだ。弱くなりそうな心を変えろ、自分はまだ若いじゃないか、夢を諦める必要なんかないと言い聞かせていました。

 自粛生活はしんどかったですけど、あの自問自答の日常があったからこそ、僕は仮面ライダーリバイスに変身できたんです。

【プロフィール】
前田拳太郎(まえだ・けんたろう)/1999年、埼玉県出身。2021年7月からLDH JAPAN所属。運動神経抜群で、空手やダンスの全国大会で優勝経験も。

写真提供/東映株式会社

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン