芸能

武田玲奈×沖田臥竜対談 ドラマ『ムショぼけ』撮影&挿入歌の秘話

武田はギャルのインフルエンサー役を熱演

武田はギャルのインフルエンサー役を熱演

 元ヤクザ最高幹部という異色の経歴を持つ小説家・沖田臥竜さん(45才)の小説『ムショぼけ』(小学館文庫)が実写化。ドラマ『ムショぼけ』(ABCテレビ・テレビ神奈川)が、10月上旬にスタート。

 同作は、長い刑務所暮らしで、社会と隔離されていた元ヤクザの中年男性、陣内宗介が主人公。出所後に世の中の環境の変化やスピードについていけず戸惑いながらも、家族や仕事仲間、かつての極道の“同僚”たちと怒って笑って、時にヘコんで涙を流す、ヒューマンコメディーだ。今回、ドラマにヒロインのリサ役で出演する清純派女優・武田玲奈(24)と沖田さんの対談が実現。撮影の苦労について語る。(前後編の後編)

 物語の舞台は兵庫県・尼崎。沖田さんの地元でもある。ドラマも全編が尼崎周辺の関西地方で撮影された。その際、沖田さんがロケ地のコーディネートや送迎車の運転手として、撮影に同行したという。

武田:原作者の先生が運転手をしてくださる車で移動するなんて、初体験でした。沖田さんは、人見知りの私にも話しかけてくださって、ありがたかったです。

沖田:とにかく事故らんようにと注意してたから、後部座席にも顔を向けられへんかったよね(笑い)

武田:とても快適な移動でした!

沖田:須磨海岸(神戸市)での撮影では、私たちスタッフは日陰で椅子に座ってたからよかったものの、武田さんはめちゃくちゃ暑いなか、一日中砂浜を走り続けてて、すごい体力やと思いました。

武田:私、夜まで走ってましたね(笑い)。沖田さんは、地元の尼崎でドラマが撮影されているのを、どんなお気持ちでご覧になっていたのですか?

沖田:尼崎といえば、お笑いのダウンタウンの出身地で有名やけど、その彼らも地元でやってないことをやってみたかった。自分の小説を地元の撮影でドラマ化するのは大変やったけど、終わってみたら楽しかったです。逆に武田さんは、いままでは縁のなかった(極道の)話やったと思うんやけど、どうやった?

武田:私の役がインフルエンサーのタレント役で、わりと素の自分と近い部分もあって、自然に演じられたと思います。私も若いときはギャルに憧れて、つけまつげとかカラコンをつけていたので、リサのギャルマインドは、何となくわかったんです。だから、髪を染めてエクステをつけて、演じていて楽しかったです!

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト