芸能

田中圭「いつも同じような演技」の声に女性ファン猛反発のワケ

『おっさんずラブ』で話題を集めた田中圭

『おっさんずラブ』で演じた”ハルたん”で女性人気が爆発した田中圭

 人気作家・原田マハのベストセラー小説を映画化した『総理の夫』で中谷美紀(45)とともにW主演を務める田中圭(37)の人気はとどまるところを知らない。田中が演じるのは、妻の凛子(中谷)が日本初の女性総理になったことで、思いもよらぬ騒動に巻き込まれていく夫・相馬日和だ。

『獣になれない私たち』『図書館戦争』『記憶にございません!』『ヒノマルソウル』など、数々のドラマや映画で活躍する田中だが、ブレイクのきっかけとなった代表作といえば『おっさんずラブ』で演じた「ハルたん」こと春田創一役だろう。「目が離せないおっちょこちょいキャラ」に悶絶するファンが続出。作中で吉田鋼太郎演じる黒澤部長が春田を評した「かわいすぎる!存在が罪!」といったセリフに、共感の声が巻き起こった。

 田中の大ファンだという30代女性は「もだえてしまうほどかっこいい」とする田中の魅力についてこう熱弁する。

「他のイケメン俳優は“ちょっと抜けた役”を演じていても、やっぱりどこか“かっこよさ”を残した演技をしているように感じますが、田中圭にはそういうためらいは感じない。全力で驚いたり慌てたりする姿から目が離せません。そういう人って現実世界でもなかなかいない。夫は『いろんな作品で見るけど、同じような役柄と演技ばっかりじゃない?』とか『あれくらいの顔なら普通にそのへんにいるだろ。俺の会社にだってああいう顔のやつはいる』とか言うのですが、信じられない。本当にそのへんにいるなら連れてきてほしいし、そもそも田中圭の魅力は顔だけじゃないのに……」

「変わり映えしない演技」だと指摘されても女性ファンが次々と虜になってしまうのはなぜなのか。田中本人にインタビューした経験のあるドラマ・映画ライターの小田慶子氏はその魅力をこう語る。

「あれだけ愛嬌のあるキャラクターを演じられる俳優さんは、田中さん以外にいないと言ってもいいでしょう。『総理の夫』では初の女性総理となった中谷さんを支える夫役ですが、純粋に妻を応援し称賛する姿に嫌味が一切ないんです。女性ファンはそんな田中さんに安心感を覚えるのではないでしょうか」

関連キーワード

関連記事

トピックス