• TOP
  • 芸能
  • 「医師免許を持った天才」が活躍 コラムニストが注目する今期ドラマは? 

芸能

2021.10.07 16:00  NEWSポストセブン

「医師免許を持った天才」が活躍 コラムニストが注目する今期ドラマは? 

窪田正孝

『ラジエーションハウスⅡ』が話題の窪田正孝

 10月から秋ドラマが各局でスタートした。目立つのが、医師免許を持った天才主人公が活躍するドラマだ。注目作の見どころは? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 今シーズンの新作ドラマで注目したいのは、「医師免許を持った天才主人公」である。
 
 その代表といえば、『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の大門未知子(米倉涼子)だ。

「たとえばこの女、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…」と田口トモロヲのナレーションもすっかりおなじみになった。フリーランスの外科医である彼女は、ハイヒールでのしのしと大病院に乗り込んで、雑用やお手伝いなどは、一切「いたしません」と拒否。

 権力者に媚びを売ったり、裏工作する連中を蹴散らしながら、どんな難手術を押し付けられても、「わたし、失敗しないので」と成功させる。新シリーズでは、100年に一度のパンデミックで医療崩壊という危機の中、大学病院を舞台に未知子が新たな敵に立ち向かう。その最凶の敵が、野村萬斎。またまた、すさまじいことになりそうだ。

 もうひとりの「医師免許所持の天才」といえば、『ラジエーションハウスⅡ』の五十嵐唯織(窪田正孝)。五十嵐は医師免許を持っているが、幼いころから大好きな放射線科医・甘春杏(本田翼)との約束を守るために、放射線技師として働く。

 五十嵐は仕事以外ではどこかぼんやりして頼りない。しかし、その読影力は天才的で患者の隠れた病を正確に見抜く。『Ⅱ』では、アメリカ留学から帰った五十嵐が甘春病院に戻るが、彼のことを知らない新院長(高嶋政宏)は「なぜ、医師である彼を技師として雇う必要があるんですか」と嫌な顔をする。

 そして、もうひとりの「医師免許を持つ天才」が、『正義の天秤』(NHK)の弁護士・鷹野和也(亀梨和也)だ。元外科医の鷹野は四年前に彗星の如く法曹界に現れ、刑事事件専門に無敵の9連勝を誇る。名門法律事務所でつぶれかかった刑事部門の立て直しをすることになった鷹野は、とにかく口が悪い。同じ事務所のベテラン弁護士たちに「腐りきっている」と言い放ち、同僚の弁護士たちを「使い物にならなくなった動物を思わせる」とブレーメンの音楽隊と呼んだりする。会議をカンファレンスと呼び、元ひきこもりの若手弁護士に「大学病院かよ」と言われる始末だ。

関連記事

トピックス