ライフ

危険な薬の飲み合わせ 「薬局ヒヤリ・ハット」に報告された併用禁忌事例

危険な組み合わせで薬が処方された事例も…(イメージ)

危険な組み合わせで薬が処方された事例も…(イメージ)

 健康のために飲んでいた薬が、飲み合わせによっては“死を招く”リスクになる。「そんな薬が処方されるワケがない」──そう思うかもしれないが、製薬会社が「併用禁忌」とした危険な飲み合わせが、医師の“うっかり”によって処方されているのだ。

 そうした事例を集めたのが、「薬局ヒヤリ・ハット事例」だ。同事例をまとめた日本医療機能評価機構の医療事故防止事業部担当者が説明する。

「調剤に関するヒヤリ・ハット事例、処方医への疑義照会や情報提供に関する事例などを対象に、全国4万超の薬局から報告されたものです。薬剤師が併用注意、併用禁忌に当たる飲み合わせを検討した結果、患者さんの健康被害を防ぐことができた事例が多数あります」

 実は薬の飲み合わせのリスクに対する意識が高まったのは、それほど昔のことではない。内科医の谷本哲也氏(ナビタスクリニック川崎)がいう。

「薬の飲み合わせで患者が時に死に至ることを世に知らしめるきっかけとなったのは、1993年にある抗ウイルス薬と、抗がん剤を一緒に飲んだ人が相次いで亡くなった有名な薬害事件が起きたことです」

 現在、多くの人が服用する生活習慣病の治療薬にも「併用禁忌」が存在する。実際危険な組み合わせで処方された事例について、「薬局ヒヤリ・ハット事例」から紹介していく。

「すでに服用していた」事例も

 降圧剤(ループ利尿薬のアゾセミド)を服用中の80代男性(別掲の事例1参照)が、別の病院で併用禁忌の夜間頻尿治療薬(デスモプレシン酢酸塩水和物)を追加処方されたケース。

「ヒヤリ・ハット事例」には、男性が薬局で説明を聞こうとせず急かしたため、〈投薬時に薬歴情報で確認する併用禁忌情報をきちんと見ることができなかった〉と書かれている。医師に問い合わせ、夜間頻尿治療薬が処方中止になったので男性宅まで回収に行ったが、すでに服用後だったという。幸いなことに男性に服用の影響はなかった。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト