芸能

平子理沙「50才のシースルー下着写真」が称賛! 海外では議論勃発

輝く50歳、平子理沙

輝く50歳、平子理沙

 俳優の吉田栄作(52才)が、女優の内山理名(39才)と再婚すると報じられたのは、9月13日。「週刊女性PRIME」によると、吉田の父が「来年には結婚すると思う」と明言したという。こうなると、6年前に離婚した18年間も連れ添った前妻のモデル平子理沙(50才)にも、自然と注目が集まってくる。

 そんな中、9月23日に平子が公式Instagramで、イタリアの下着ブランド「インティミッシミ」の最新コレクションのブラとショーツ姿を披露して、ファンを大喜びさせた。とても50才には見えないショットに「色気がダダ漏れだ」「美しすぎ」「こんなのタダで見させてもらっていいんですか」と、称賛コメントが殺到した。

 あるファッション誌編集者は「平子さんは、日本にネイルアートを広めた先駆者の母を持ち、国内ではインターナショナルスクール育ち。15才からは米国ロサンゼルスで高校時代を過ごして、あの超有名ハリウッド女優グウィネス・パルトロウ(49才)も同級生だったという経歴の持ち主です。育った環境からセレブでオシャレで、26才で結婚してからも、長くファッション界で活躍し続けた、生粋のモデルです」と話す。「女優やアイドルの片手間にモデルをする人とは、ランクの違う本物でした」と続けた。

 ただ、あまりに年相応ではないルックスもあり、「痛々しい感じもする」「画像修正されているのでは?」と、心無い声が多いのも事実。

 あるベテランヘアメイクアーティストは「彼女は、スタイルと若さの維持のために、人一倍のこだわりと努力をしている。美容にはお金もかかるもので、彼女もかなり投資をしているはずですが、それに対して、やっかみ半分で否定をしたり、非難する人たちが必ず出てくるんですよね。それでも、美しさを極めるということは、自分磨きであり、ある意味では自己満足の価値観であって良いはず。実際に50才に見えないその美貌は、我々美容業界から見たら素晴らしいことですよ」と称賛した。

関連キーワード

関連記事

トピックス