芸能

現役組員が語る「本物だと思うヤクザ映画」 圧倒的人気は『仁義なき』

やはり圧倒的1位は…(写真/共同通信社)

やはり圧倒的1位は…(写真/共同通信社)

 ヤクザ映画は“一般人”にも人気だが、本当の評価を知るにはヤクザに話を聞くのが筋というものだ。そこで、ライターの鈴木智彦氏が現役組員100人にアンケートを実施。鈴木氏が綴る。

 * * *
【問】「本物だと思うヤクザ映画は?」

・1位『仁義なき戦い』シリーズ 43票
・2位『竜二』 8票
・3位『昭和残侠伝』シリーズ 7票
・4位『仁義の墓場』 6票
・4位『沖縄やくざ戦争』 6票
・6位『悪名』シリーズ 5票
・6位『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』 5票
・8位『網走番外地』シリーズ 4票
・9位『山口組外伝九州進攻作戦』 2票
・同率10位 それぞれ1票 『すばらしき世界』、『激動の1750日』、『山口組三代目』、『県警対組織暴力』、『修羅の群れ』、『アウトレイジ』シリーズ、『ソナチネ』、『極道の妻たち』シリーズ、『博奕打ち 総長賭博』、『やくざと抗争』、『ヤクザと家族 The Family』、『制覇』、『北陸代理戦争』、『バカ政ホラ政トッパ政』

 実を言えば最初は『仁義なき戦い』『仁義なき戦い 広島死闘篇』『仁義なき戦い 代理戦争』『仁義なき戦い 頂上作戦』『仁義なき戦い 完結篇』の5作が圧倒的人気すぎて、ほぼ半数になってしまった。その後のシリーズも人気が高く、映画マニアに叱られるのを覚悟でひとまとめにして集計した。

 俳優としては高倉健が圧倒的な人気なのに、作品評価だとベタベタの任侠映画の評判が振るわない。単にあまり観られていないせいかもしれない。

 他の映画もシリーズはまとめてある。若い組長、幹部、組員にも圧倒的に昔のヤクザ映画が人気である。奮闘したのは『すばらしき世界』と『ヤクザと家族 The Family』で、どちらもコロナ下で封切られたにもかかわらず、10人以上が劇場に足を運んでおり、「ヤクザ映画で初めて泣いた」(関西独立団体幹部)と高評価だった。

 取材にギリギリまでかかってしまったのだが、結果を集計してみると相応に面白い。ヤクザの肉声を聞いていると、やっぱり自分たちを題材にした映画には興味があり、映画好きのヤクザが多い印象があった。

 自ら東興業、通称、安藤組を設立し、横井英樹襲撃事件を起こして逮捕され、引退して映画俳優に転身した安藤昇は、生前、こう話していた。

「題材がヤクザというアウトローだけで、ヤクザ映画の主人公はみな自分の掟と道徳を持っていた。行動が適法的ではないだけで、人でなしではなかった。でもヤクザはしょせん裏社会の人間だから、表社会の人間のようにそれを誇ったりしない。しょせんヤクザは悪党だ。でもよ、自らを悪人と自認しているだけ、アウトローはまともな人間だと思わないか?」

 高倉健が圧倒的に人気なのは、まさに安藤のいう通りの理由だろう。また『仁義なき戦い』がヤクザに高く評価されたのはヤクザ云々ではなく、人間そのもののドラマだからだろう。

 日本の中で拳銃を振り回し、殺し合いを演じてリアリティのある人種は、ヤクザと警察官と自衛隊員だけである。ヤクザはサラリーマン同様の組織人だが、公務員のような不自由さはない。もっと面白いヤクザ映画はきっと作れる。

【プロフィール】
鈴木智彦(すずき・ともひこ)/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。雑誌・広告カメラマンを経て、ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。近著に『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(小学館文庫)。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン