国際情報

米「勝手にコンドーム外したら違法」でセレブたちも戦々恐々

女性たちの怒りが議会を動かした(Lehtikuva/時事通信フォト)

女性たちの怒りが議会を動かした(Lehtikuva/時事通信フォト)

 アメリカのなかでもリベラル勢力の牙城で、女性の尊厳を守ることにはことのほか熱心なカリフォルニア州で「反ステルシング法」が10月11日に制定された。「ステルシング」とは、数年前からLGBTQ(性的マイノリティ)の間で使われるようになったスラングで、当初は性感染症であることを隠したり、トランスジェンダーが「生まれた時の性別」を隠して生活したりすることを指したが、その後転じて、「男性がセックス中に女性に無断でコンドームを外す行為」を表す新語となった。「ステルス戦闘機」と語源は一緒で、「こっそりと、内密に」といったニュアンスがある言葉だ。カリフォルニア州では、このステルシングを「準レイプ」と認定したのである。

 アメリカでは21~30歳の女性のうち12%がステルシング被害に遭ったことがあるという調査結果も出ている。2017年にその実態を論文にまとめたのは、イェール大学法科大学院生だったアレキサンドラ・ブロドスキーさん(現在は公民権専門弁護士)。彼女自身、ステルシングの被害に見舞われ、他の被害者数人と訴訟を起こしたこともある。ブロドスキーさんは論文でこう訴えた。

<たとえ合意の下でセックスしていても、その最中に女性が嫌がるのにコンドームを外し、女性の体内で射精する行為は、女性を侮辱し、非道徳であるばかりでなく、レイプと同じ犯罪行為である>

<女性はセックスには同意しても、妊娠したり、性感染症を移されたりすることに合意したわけではない。男性はコンドームなしで射精することで快感を高めたり、征服感を味わったりしたいのだろうが、女性にとっては屈辱であり、レイプと変わりない。立法府はステルシング防止の法的措置を検討すべきだ>

 この論文はたちまちネットで話題となり、賛同する声だけでなく、「どうしたらステルシングを楽しめるか」といった不届きな男性サイドのノウハウを紹介するサイトが登場するなどして大きな論争に発展したのである。そして、女性のセクハラ被害を訴えるMe Too運動に熱心だった州下院のクリスティーナ・ガルシア議員が法制化に尽力し、このたび反ステルシング法が成立したという経緯だ。

 もちろん同州でも保守系勢力は反対に回り、「セックスは個人の問題だ」「女性がコンドームを外さないでほしいと考えていたことを立証できるのか」といった意見も出た。しかし、その間にイギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでも反ステルシングが法制化されたり、同様の行為が裁判で有罪とされたりして世界的な流れになり、2020年には英BBCテレビの人気ドラマ「アイ・メイ・デストロイ・ユー」(君をめちゃめちゃにするかもしれない)でステルシングの場面が描かれたことで大衆の間でも関心が高まっていた。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン