スポーツ

HR量産のヤクルト・村上宗隆 宮本慎也氏「500本は確実に打つでしょう」

高卒2年目からHRを量産する村上宗隆(時事通信フォト)

高卒2年目からHRを量産する村上宗隆(時事通信フォト)

 現在、快進撃を続けるヤクルトの優勝へのキーマンが主砲・村上宗隆。3年前のドラフトで「清宮(幸太郎)の外れ1位」だった彼は、いかにして躍進を遂げたのか?  ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。(前後編の後編、前編は〈ヤクルト・村上宗隆「清宮の外れ1位」が覚醒するまで〉

 2017年のドラフト会議で、村上は7球団が競合した清宮幸太郎の抽選に外れた3球団に指名され、交渉権を引き当てた東京ヤクルトに入団した。背番号「55」を付けた村上のプロ第一号は、一軍に初めて昇格した2018年9月16日の初打席だった。弾丸ライナーでライトスタンドに飛び込んだ。55番の偉大なる球界の先輩・松井秀喜が高津臣吾(現・東京ヤクルト監督)から放った第一号とまったく同じ軌道であり、その一発は2000年代生まれの選手として初めての本塁打だった。

 その年からヤクルトのヘッドコーチに就いていた宮本慎也氏は、村上の初本塁打をベンチから見守った。

「第一号本塁打を見てもらうと分かるんですが、あの頃の村上はテークバックが非常に浅いんです。あれではプロの速い力のあるボールが打てず、それを気にするあまり低めのボール球を振り出すのは先人が証明してくれているんです」

 ゆえに、秋季キャンプで、宮本氏は村上にそれを伝え、テークバックを深くした素振りを命じた。

「すると、わざと変なスイングをした。間違いなく、あれはわざとでした。なるほど、この子は頑固やな、本人が気付くまでこちらは我慢せなあかんな、と思いましたね」

 翌2019年シーズン、村上は開幕から一軍に帯同し、スターティングメンバーに名を連ねた。

「案の定、打てませんでしたよね。ところが、この試合で打てなければいよいよスタメンから外すという巨人との試合で、菅野智之から2本のヒットを打った。レギュラーを獲ってのし上がっていく選手って、こういう巡り合わせにありますよね。それで結局、起用され続け、最終的には36本打ったのかな」

 3年目の昨年は試合数が少なかったものの、28本塁打を放ち、打率は前年の.231から.307に大きく上昇した。

「正直、打率はもう少し時間がかかると思っていました。1年目は闇雲に真っ直ぐだけを待って対処していた。初めての一軍なんですから、それぐらいでいいんです。昨年ぐらいから打席で考えはじめ、今年になると変化球を待っているのか、真ん中の真っ直ぐを簡単に見逃したりする時もある。1年目に比べればテークバックは深くなってきました。それは石井琢朗(現・巨人三軍野手コーチ)の功績。素振りの時、上げた右膝にバットのグリップをタッチしてから、バットを引いてトップを作り、振り出していく。今もその素振りをやっているはずです。大事に取り組んでほしい」

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン