国内

「眞子さま、小室圭さんと再会で涙」報道でも拭えない金銭トラブル問題

武蔵野陵を訪れた

眞子さまが「涙」との情報も(写真は10月12日に武蔵野陵を訪れた際。雑誌協会代表取材)

 いよいよ婚姻届提出まで1週間を切った、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん。10月18日には小室さんが東京・元赤坂の赤坂御用地を訪れ、眞子さまと約3年ぶりに再会し、秋篠宮ご夫妻に結婚の挨拶をした。赤坂御用地には3時間半ほど滞在したが、デイリー新潮によると秋篠宮ご夫妻は昼過ぎから公務が入っていたこともあり、小室さんと向き合われたのは30分ほど。そのあとは眞子さまと小室さんが記者会見に向けた打ち合わせなどをしていたという。

 その3年ぶりの再会で「涙」の場面があったと報じられたことに、大きな反響が広がっている。

〈眞子さまと小室圭さん「3年ぶりの再会」は静かな涙に包まれていた〉というタイトルの記事を配信したのは、FRIDAY DIGITALだ。「玉砂利を踏みしめる小室さんの足音を聞いて、眞子さまは涙ぐんでいました」という宮内庁関係者の証言を報じている。

 愛を貫いた2人の感動の再会場面を伝えるとともに、最愛の娘を送り出す秋篠宮ご夫妻の親心を報じた記事だ。

 それに対し、SNS上では「若い2人の門出だから、頑張ってほしい」「眞子さまの幸せを願い受け入れた秋篠宮さまに泣いた」といったコメントがあった一方で、「泣きたいのは税金を使われている国民のほう」とする意見も数多く上がっていた。

 結婚を来週に控えた中でもこうした声が止まないのは、やはり小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルや、これまで報じられた遺族年金の不正受給疑惑などについて国民の納得がいく説明がなされていないことが大きいだろう。さらに、それらのトラブルに端を発して小室さんや佳代さんの周辺に厳重な警備が敷かれたことで、税金が投入されていることへの批判の声も少なくない。皇室ジャーナリストが語る。

「赤坂御用地での再会時には、小室さんが秋篠宮ご夫妻に母親のトラブルについて時間をかけて説明したという報道もありました。ですが、限られた時間の中で秋篠宮さまがご納得いく説明があったかどうか……。いずれにしても、3年間も“遠距離恋愛”を貫いた眞子さまのご覚悟を、秋篠宮さまが認められたということだと思います。

 10月26日に予定されているお二人の会見では、佳代さんの金銭トラブルについて触れないわけにはいかないでしょう。しかし、ここでもやはり国民の納得を得られる説明がされるかどうかは不透明です」

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン