国内

田中角栄氏のゴルフは「どれだけ多く回るか」スコアカードに所要時間を記載

ゴルフにもこだわりがあった田中角栄氏(撮影/山本皓一)

ゴルフにもこだわりがあった田中角栄氏(撮影/山本皓一)

 三密が避けられるスポーツとして今、ゴルフがブームだ。“ラウンドすれば相手の人間性までわかる”という点にゴルフの魅力を感じる人もいるだろうが、それは令和の今だけでなく、昭和の時代も同じだった。田中角栄が初めてクラブを握ったのは40代になってからだった。当初はアベレージゴルファーだったが、「1974年にロッキード事件で総理を辞任した後は、空いたスケジュールを埋めるようにゴルフに出かけるようになった」──そう語るのは、角栄側近で自治大臣などを歴任した元衆院議員・石井一氏だ。石井氏が振り返る

 * * *
 オヤジがゴルフに熱心だったのは、体力を養うという目的に加え、常にマスコミから監視される緊張感から解放されたかったところがあると思います。プレーしている時だけは、世論やマスコミの批判から逃れられた。

 スコアはだいたい90前後。飛距離はそんなに出ないけど、真っすぐ飛ぶ。ウォーミングアップも素振りもせずに、どんどん打っていくんです。

“角栄流”のゴルフはスコアよりも、どれだけ多くのホールを回るかが重要。グリーンに乗ったらパターを打たず、どんなにピンが遠くても2パットの換算でボールを拾い、次のホールにスタスタと歩いていく。それで他の人のスコアに関係なく必ず“いの一番”にティショットを打つわけです。そのままコースの端を歩いて2打目地点に向かうので、後ろから打つ我々が「オヤジ、危ないですよ!」と声を掛けるのですが、「あぁ」とか「うぅ」とか言って「早く打て」と手を振るだけ。ボールを当てたら大変だから、我々はそこそこに打って追いかける。ついていくだけで一苦労です(苦笑)。

 スコアカードには「45分」とか「48分」とか、何分でハーフ(9ホール)を回ったか書いている。そのペースで3ラウンド半くらいやるんだからね。SPもついてきますが、スーツ姿で追いかけるから汗だくでしたよ。

〈“コンピューター付きブルドーザー”の異名を取った超人的なバイタリティはゴルフでも健在だった。よくプレーした「軽井沢72ゴルフ」では、キャディマスターが前の組と5ホールほど空けた状態でスタートさせていたが、「それでも9ホールが終わる頃には前の組に追いついていた」と石井氏は笑う〉

 そんな調子だから、前の組をどんどんパスして(抜いて)いく。ティグラウンドで待っている前の組の人たちに、オヤジが「やあ」と片手を挙げる“角栄ポーズ”で声を掛けると、笑顔で先に打たせてくれた。パーンと打ってスタスタと歩いていく姿に、たいていのゴルファーは驚いていました。残された我々もその視線のなかでドライバーを握るので、平常心で打つのは大変でしたけどね。

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン