芸能

映画初出演の花田優一が独占告白「母・河野景子さんからの電話」

映画出演までの裏側を赤裸々に語ってくれた花田優一氏(撮影/藤岡雅樹)

映画出演までの裏側を赤裸々に語ってくれた花田優一氏(撮影/藤岡雅樹)

 元横綱・貴乃花(花田光司氏)の長男で靴職人・タレントの花田優一氏(26)が10月24日、映画『残照のかなたに』(2022年公開予定)に俳優として初出演することを記者会見の場で明かした。同作は年老いた作家と看護師の物語を描く短編映画で、優一氏は作家の主治医役を演じる。監督を務めるのは、母・河野景子さんの再婚相手として婚約中のジャッキー・ウー氏。近い将来に“義理の親子”となるであろう2人の“共演”とあって会見では報道陣から優一、ジャッキー両氏に「お母さんは何と言っているのか」「(河野と)籍は年内に入れるのか」などプライベートに関する質問が集中した。

 会見では終始、芸能記者からの質問を受け流していた優一氏が、「俳優挑戦」についてどの程度本気なのかは語られなかった。タレントや歌手としてテレビ番組への出演は多いが、本業はあくまで「靴職人」。会見を終え、映画出演のニュースが報じられると、ネット上では「真剣にやるつもりがあるのか」「演技を舐めるな」など批判の声も上がった。

 優一氏はどんな思いで出演を決めたのか――。会見では語られなかった俳優挑戦への想い、映画出演の裏にあった母・景子さんや“義理の父”になるジャッキー監督とのやり取りなどについて、優一氏本人が赤裸々に語った。

 撮影前にジャッキー監督と2人で語り合ったこと

 まずは、演技について素人の優一氏が出演に至った経緯についてだ。世間からは「コネで映画に出たのではないか」などと囁かれているが、母やその“再婚相手”であるジャッキー監督からオファーを受けたのだろうか。

「映画出演にあたって、ジャッキー監督からオファーをもらったワケではありません。もともとプロデューサーの新田(博邦)さんと知り合いで、1年ほど前から『演技をやってみないか』というお話しをいただいていたんです。ただ、監督がジャッキーさんとなると世間がまたいいようにネタにするでしょうし、『客寄せパンダとしてカモにされるのでは』と思ったので(笑)、最初はお断わりしたんです。でも新田さんは熱心に誘い続けてくださったので、真剣味を感じて『監督のほうがOKなら出ます』と伝えました。最終的に出演が決まったのはつい数か月ほど前。ギリギリの日程でした」(優一氏、以下カギカッコ内は同)

 当初は、ジャッキー監督も優一氏と同様の懸念から出演に難色を示したという。それでも脚本を一部調整することを条件に最終的にはキャスティングを了承。2人の間では撮影に入るにあたって、どのようなやり取りがあったのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス