国内

眞子さま、渡米後の新婚生活は「警備辞退」の可能性 安全面を不安視する声も

会見では何を語るのか(撮影/JMPA)

いよいよ会見が明日に迫るが……(撮影/JMPA)

 10月26日に予定されている眞子さまと小室圭さんの結婚を前に、24日には小室さんが赤坂東邸を訪れ、7時間にわたり滞在。眞子さまと結婚記者会見の打ち合わせをしていたと報じられている。こうしたお二人の動きがある際に、避けられないのが「警備費用」の問題だ。宮内庁担当記者が語る。

「小室さんが神奈川県の自宅から外出する際には、眞子さまに会う、会わないに関係なく必ず警備がつく。23日は眞子さまに会う予定のない『所用のため』の外出でしたが、警察官らとともにタクシーで外出されました。警備費用は言うまでもなく税金です」

 小室さんの23日の外出はクリニックを訪れるなど、自身の身体のケアのためのものだと見られているが、結婚後、お二人の生活の警備がどうなるのか、気になるところだ。

 過去の皇族の結婚例を見ると、警備は「結婚後」も継続されている。上皇夫妻の長女である黒田清子さんが2005年に結婚した際、清子さんは警察庁から「個人警戒対象者」に指定され、都内で暮らす清子さんの警護が続けられた。

 しかし、眞子さまは今後、これまでにない決断をするのではないかと語るのは、別の宮内庁担当記者だ。

「お二人の身の安全を考えれば、結婚後も警備がつくのは当然のこと。しかし、結婚後はニューヨークで生活を送る予定となっており、日本警察の管轄外のため十分な警備ができません。アメリカの警察に警備を依頼するということも考えられますが、その場合、費用は高額となります。

 眞子さまは結婚一時金を辞退されるなど、ご自身にまつわるお金についてとても気を遣っていらっしゃいます。警備に多額のお金がかかることになれば、一時金と同様に警備についても辞退される可能性は十分考えられるでしょう」

 眞子さまと小室さんが警備なしの生活を送るとなれば、当然ながら身の安全が守られるのか、不安な面も出てくる。

「渡米後もお二人の注目度は高いでしょうし、興味本位で接触する人がいないとも限らない。元プリンセスが警備なしで生活するのはあまりにもリスクの高い行為ではないかと、不安視する人は少なくありません」(同前)

 はたして、お二人の新婚生活は、どのようなかたちになるのだろうか。

小室さんとどのような話をされているのか

会見では何を語るのか(撮影/雑誌協会代表取材)

小室氏は髪をさっぱりさせたが

髪をさっぱりさせた小室圭さん

スーツケースを引く小室圭さん

結婚後は、渡米すると報じられている

お出かけになられることも(写真は2018年)

眞子さまの結婚後の身の安全はどうなるか(写真は2018年)

ブラジルではサングラス姿も披露された(2018年7月、撮影/横田紋子)

眞子さまのご結婚前に問題は山積(写真はブラジルでの様子。2018年7月、撮影/横田紋子)

パンプス姿で歩く眞子さま

風を受け気品漂うパンプス姿で歩く眞子さま(2019年)

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン