スポーツ

ヤクルト高津監督 野村克也氏から受け継いだ「勝ちにこだわる姿勢」

高津臣吾監督が師・野村克也氏から何を受け継いだ?(写真/共同通信社)

高津臣吾監督が師・野村克也氏から何を受け継いだ?(写真/共同通信社)

 10月26日に6年ぶり8度目となるセ・リーグ制覇を果たしたヤクルトスワローズ。投打がガッチリかみ合い、ベンチでは若手もベテランも声を張り上げる。今年のヤクルトには1990年代の黄金期が再来したような熱気があった。チームを率いる高津臣吾監督(52)は、名将・野村克也氏から「ID野球」の薫陶を受けた“野村チルドレン”。快進撃に導いた「師の教え」とは──。(前後編の前編)

1点を守り切る

 昨年までの低迷が嘘のようだった今シーズンのヤクルトスワローズ。開幕前に多くの評論家が「最下位」を予想したが、フタを開ければ堂々の戦いぶりだった。特に9月後半から10月にかけては連勝街道を猛進し、巨人、阪神を抜き去って、いち早くマジックを点灯させた。

 ベテラン青木宣親(39)から山田哲人(29)、そして主砲の村上宗隆(21)につなぐ流れに加えて、1番センターには塩見泰隆(28)が定着。投手陣も2年目の奥川恭伸(20)がエース格に急成長し、先発から中継ぎ、抑えの必勝リレーも確立した。

 個性的な面々を束ね、チームを勝利に導いたのが就任2年目となる高津臣吾監督だ。戦前の予想を覆す躍進の原動力として、スポーツ紙デスクは「高津イズムの浸透」を挙げる。

「高津イズムの神髄は、“1点を守る野球”です。高津監督は5月の巨人戦では、同点の場面で2死一、二塁から村上とオスナ(28)にダブルスチールさせ、その後の内野安打で1点をもぎ取り、逃げ切った。こうした1点を守る高津野球をシーズン序盤からチームに浸透させたことが、後半の快進撃につながりました」

 この高津イズムの原点といえるのが、昨年亡くなった師匠・野村克也の存在である。高津氏は2019年10月の監督就任会見で「野村監督から野球の難しさ、奥深さを学んだ」と語っている。高津・野村両氏、そして「29年前のヤクルト優勝」をよく知るかつてのチームメイトの証言をもとに、深い絆で結ばれた高津氏と野村氏の関係を紐解いていく。

「野球はピッチャーだ」

 万年Bクラスにあえいでいたヤクルトの監督に野村氏が就任したのは1990年。現役時代に史上2位の657本塁打を放ち、南海で選手兼監督も務めた野村氏は果断なチーム改革を進め、就任2年目にヤクルトを11年ぶりのAクラスに導いた。

 迎えた勝負の3年目。シーズン終盤に荒木大輔の約4年ぶりの復活登板で上昇気流に乗ったチームは、奇しくも今季と同じ阪神、巨人とのデッドヒートを制して14年ぶりのリーグ優勝に輝いた。

 チームを見事に再建した野村氏が旗印に掲げたのが、データを重視する「ID野球」だ。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

 この信条を胸に、1球1球を大切にする緻密な野村理論を叩き込み、古田敦也、池山隆寛、岡林洋一、石井一久ら、常勝軍団の主力を育てた。そんなカリスマ監督の就任2年目に、ドラフト3位で入団したのが高津氏だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン