ライフ

危険なSNS 投稿から留守がバレて空き巣被害、Vサインから指紋盗られる

スマホ

スマホは個人情報の宝庫(写真はイメージ)

 もはや日常生活から切り離せなくなったSNS。しかし、何気なく投稿した内容から犯罪に巻き込まれるケースもあるという。どういった投稿が危険なのか、具体例を見て行こう。

不用意なSNS投稿で住所特定も!? 自宅近くでの自撮りに犯人が笑う

 埼玉県在住の専業主婦・D子さん(38才)は、愛犬ゴマちゃんの誕生日に近所の公園で自撮り。とてもかわいく撮れた写真をSNSに投稿した。その後、知人に「あなたの写真がネットに流出している」と連絡があり、調べると居住地や公園名まで特定され、あまりの気味の悪さにD子さんは寝込んでしまった。

「不用意にSNSに投稿した写真やつぶやきから、誘拐やストーカー、空き巣などにつながった例を、私は警察時代に多く見てきました」と話すのは、元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班の警部補・佐々木成三さん。

 SNSは便利なツールだが、個人情報が漏れる原因となり犯罪を呼び込むリスクも高い。たとえば、スマホで撮った写真を位置情報付きで公開するだけでもかなり不用心だ。

「SNSに投稿する際は公開範囲に注意が必要です。誰でも見られる公開設定がリスク大なのはもちろんですが、友達限定の非公開でも、その中によく知らない人が交じっていれば、その人が写真を勝手に使用する可能性もあるのです」(佐々木さん)

モザイクアプローチや意外なものから特定

 家族と自分を守るためにも、個人情報を流出させない慎重さが必要。だが、SNSに精通した人たちの手にかかれば居住地の特定は簡単にできると、情報リテラシーに詳しい成蹊大学客員教授の高橋暁子さんは言う。

「SNSを利用するかたは、実名のフェイスブックから匿名のツイッターやインスタグラムまで、複数のSNSを使い分けるケースが大半。フェイスブックでは公的な情報を発信する一方、ツイッターやインスタグラムでは匿名だからバレないと思うせいか、『明日から台湾で〜す』とか、『22日まで〇〇大会に参加するため上京します。最終日までがんばります』などと、自分の不在情報までつぶやきがちだが、友達のアカウントがかぶっていたり、同じ写真を投稿したりしていれば、それを基にフェイスブックとツイッターなどをひも付けし、同一人物と特定します。

 こうしたモザイクアプローチという手法で、留守中に堂々と空き巣に入られたというケースも実は少なくないのです」(高橋さん・以下同)

 SNSでは、いくら匿名であっても、旅行や帰省、出張などに関する情報はつぶやかない方がいいということだ。

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン